侍ジャパン選手としてトークショーを行った秋山翔吾と大谷翔平

写真拡大

1月20日「J SPORTS 開局20周年プレス発表会」が開催され、侍ジャパンの大谷翔平と秋山翔吾によるトークショーが行われた。

【写真を見る】和やかな雰囲気で話す二人

お互いの印象を聞かれると、「今まで存在しない野球選手。投手と野手の“二刀流”というのはうらやましいですし、少年野球からそのまま大きくなったような感じ(の選手)。スーパー好青年です(笑)」と秋山。

一方大谷は「とにかく優しいです。怒ることがあるのかなっていうくらい」と秋山の人柄を表した。

WBC初出場について秋山は「1回目、2回目と優勝しているチームの一員になって戦うというのは、自分にとって得がたい経験で自信になると思います」とコメント。

大谷は「憧れの大会で選んでもらって、(まだ)実感はないですが楽しみにしています。勝ちたいので、それに貢献できるのであればなんでもしたい」と謙虚に語った。また、「ピッチャーの方がゲームに対する集中や充実感は上なのかなと思います」と“二刀流”の大谷らしい発言も。

そして、WBCへの意気込みを漢字一文字で色紙に書くコーナーでは、秋山は「自分がどれくらいできるかということを含めて、向かって挑んでいく気持ち」ということで“挑”。大谷は「“奪”です。とにかく勝ちたいなと思います」と力強く語った。