<SMBCシンガポールオープン 2日目◇20日◇セントーサGC(7,398ヤード・パー71)>
第1ラウンドで首位タイと好スタートを決めた小平智。この日はスタート時間と風雨が強い時間帯が重なる不運があり、スコアを1つ落としたがトータル5アンダー暫定6位タイで上位を堅守した。この日は中断はなかったが、第1ラウンドの残りを消化したため全選手が第2ラウンドを終了することはできず。昨年から数えて6日連続でサスペンデッドとなった。
【特別動画】PGAツアー5年目の石川遼が語る意識の変化
「風が強いとコントロールが難しい」と序盤に天候に苦しめられてしまった小平。「ちょっと苦しいゴルフになってしまった。けっこう下がったかと思ったけど、みんな苦しんだんですね」、昨日よりも1日を通して風が強く、また朝のスコールのため地面も柔らかく、ランも出なくなり距離的にもタフになった。
「米ツアーだと1つ落とすと20位ぐらい下がってもおかしくない。そこは意識していた」、苦しい中でも高みを目指すためなんとか耐え抜いた小平。「内容的には悪くなかった」とプレー自体には手ごたえを感じており、首位と4打差と十分優勝を視界に捉え明日のムービングデーに臨む。
「決勝はガンガン攻めたいですね」。この日の後半はスコアカード通り、ガマンのプレーに。溜まった鬱憤は明日からの決勝ラウンドで晴らしてみせる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ブリヂストン展示会レポ1】新ファイズは飛んで、打感もソフトな極上ボール