こちらは1924年にオープンしたロサンゼルスにある老舗のレストラン。

100年近い歴史のせいか、レジの前の床には「ある変化」が起きているのだとか。

写真をご覧ください。

 

The floor in front of the register has worn through all the floors since this restaurant opened in 1924.


わっ!

えぐれて、何層も下まで丸見えに……。

毎日大勢の人が、ここに立ち続けた結果こうなったようです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「オリジナル・パントリー・カフェ」だね。7年くらい行ってないけど、すぐわかったよ。


↑すごいタイミングだ。先週の土曜日に行ったところだよ。
自分の「死ぬまでにやりたいことリスト」の中で、LAに行ったら必ず見たいところだったからね。

●その9インチのタイルは、(有害な)アスベストで出来てたりしてね。

↑大丈夫だよ。数年間、毎日同じところに立ってホコリを舞い上がらせない限りね。

↑強く踏まなければ良い……。

↑タップダンスの靴はしまっておいたほうがいい。

↑魔法使いのローブと帽子だね。

↑そこで数分吸い込んでも、たばこ1本吸うほどの害はない。

↑じゃあ1日8時間で、週に3〜5回だったら?

●その感じは摩耗したというより、切り取ったんじゃないかって思える。

↑もしこれが摩耗したものなら、他の層との境目がはっきりしない気がする。でもクールだね。

●これは別のアングル。
[画像を見る][画像を見る]


ステーキが安くて大きい、古き良きアメリカを感じさせる名物レストランとのことです。

あえて床をこのままにしておくのも、歴史が感じられていいですね。

【「1924年にオープンしたレストラン、レジの前の床はこんなことになっている…」歴史を感じる変化】を全て見る