アニメ「小林さんちのメイドラゴン」の第1話『#1 史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)』を、場面カットとあらすじで振り返る!/(C)クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「小林さんちのメイドラゴン」(毎週水曜深夜0:00-0:30ほか)の第1話『#1 史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】本作は、メイドになった異世界のドラゴンと人間界のOLが織り成す日常系コメディー/(C)クール教信者・双葉社/ドラゴン生活向上委員会

本作は、メイドになった異世界のドラゴンと人間界のOLが織り成す日常系コメディー。仕事で疲れ気味の女性・小林(CV.田村睦心)の元にドラゴン・トール(CV.桑原由気)が現れ、メイド服の美少女に変身。トールは小林に家へ誘われたと言うが、泥酔していた小林は全く覚えていない。それでもメイドとして働きたいというトールとの騒がしい新生活が始まる。

【第1話『#1 史上最強のメイド、トール!(まあドラゴンですから)』】

朝、会社に出ようとしたらドラゴンがいた。ぼうぜんとする小林さんの目の前で、そのドラゴンは角あり尻尾ありのメイド服を着た美少女へと変身した。トールと名乗るそのドラゴン娘は「今日からメイドとして働かせてください!」と申し出る。どういうことか分からず尋ねると、昨夜酔った勢いで小林さんが家に誘っていたようだった。「人を雇う余裕はない」と断る小林さんだったが、会社に遅刻してしまいそうな時間だと気付き…。

なお、ニコニコ生放送では第1話を無料配信中。「小林さんちのメイドラゴン」2話上映会が1月20日(金)夜11時30分より配信されるので、見逃してしまった人もまだ間に合う!