エッチの最中、男性はあらゆるシーンにおいて、女性の仕草に興奮を覚えるものです。

その興奮するさまは、人によって様々ではありますが、大きな興奮へと繋がる1つに「うぶっぽい仕草」というものがあります。

まだ経験が浅く、世間慣れしていない、ういういしい姿が男心をくすぐってしまうのです。

では、その「うぶっぽいさ」を出すには、どのような仕草を表現したらいいのでしょう?

そこで今回は、男性が大興奮する! エッチ中のうぶっぽい仕草をご紹介しましょう。

 

■何故か敬語

まだ経験が浅い女性にとって、エッチ中は自分がどうあるべきかがわかりません。そのため、普段であればタメ口のはずが、何故かエッチになると敬語なってしまうのです。

「気持ちいい?」「はい、気持ちいいです」、「どこが気持ちいい?」「そのままでお願いします」など……。

男性からしたら、一見距離を感じてしまうようなやり取りではありますが、これが妙に性欲を刺激され、大興奮へと変わってしまうのです。

 

■痛いくらいに抱きしめる

挿入時、女性は幸せのあまり、男性にしがみ付いてしまうときがあります。

ところが、うぶな女性は、力の加減というものを知らず、相手の身動きが取れなくなるほど、力任せに抱きしめてしまうのです。場合によっては爪を立ててしまうことも……。

だからといって、男性はこれを不愉快だとは思いません。経験が浅いがための反応だと捉え、その「うぶっぽい仕草」に、つい大興奮してしまうのです。

 

■アソコを隠したがる

うぶな女性は、自分の裸を見られることに慣れていません。

そのため、下着を脱がされた後でも、自分のアソコを手で覆い隠したり、両足を開くことさえ、恥ずかしくて抵抗してしまったりするのです。

そんな女性の恥ずかしがる「うぶっぽい仕草」に、男性は興奮を覚えてしまうのでしょう。

隠されると暴きたくなる、男性特有の本能が刺激してみてください。

 

■口を手で塞ぐ

男性に興奮を感じて欲しいのなら、喘ぎ声で与えるのも1つの方法です。

ところが、エッチな声がでそうなとき、あえて自分の口を手で塞ぐことで、違ったドキドキ感を与えることもできるのです。

恥ずかしさのあまりに我慢する表情は、「うぶっぽい仕草」として相手に映り、「これでも我慢できるか!」と荒々しい男性の本能を掻き立ててしまうのです。

 

いかがでしたか? 「うぶっぽい仕草」は、男性にとって心をくすぐられる瞬間。

大胆に攻めるエッチとはまるで正反対な行為ですが、男性としては、「この子をちゃんと育ててあげたい」とする、いわゆる父性本能が刺激されるのです。

エッチのときは興奮を与え、普段は女性として大事にされる「うぶっぽい仕草」を、あなたも表現してみては。(恋愛占い師 そら)

【画像】

※ gpointstudio/shutterstock

【関連記事】

※ 願わくは…!男が密かに萌えているエッチな妄想3つ

※ ゲッ…無理だわ!一瞬にして「気持ちが冷める」女性のNG行動4つ

※ いい女の究極テク。彼が大興奮する「喘ぎ方」の手順

※ 会話でわかる!男が「惚れている時」のサイン3つ

※ お願いっ!男性がゴムをつける時に「彼女に望んでいる」コト