女性にとって「結婚」はひとつの夢。とくに昔から恋愛を重視してきた人にとっては、絶対に外せない目標でもあるでしょう。
ところが彼氏はいてもなぜかプロポーズしてもらえなかったり、一緒に暮らしているけどゴールインできなかったりと、それぞれ複雑な事情を抱えている様子……。彼のモチベーションを上げるためには、あなた自身が「ヨメ力」を磨かないと!
そこで今回は、男性が結婚したくなる女性の特徴をご紹介いたします。

気配り力がバツグンな人

どんなに女性が活躍する社会になってきていても、男女における基本構造はそこまで変わっていないでしょう。男性側は、自分を立ててくれる人を求めているだろうし、女性側も自分にそれなりの収入があったとしても、安定した仕事に就いている人を選びたくなるものです。
彼に結婚を意識してほしいなら、まず女性側が男性を立ててあげること、そして周囲に気を配れるところをアピールしましょう。
たとえば、彼が食事中になにかこぼしてしまったときも、さっと鞄の中からティッシュやハンカチを渡すことができたら合格! みんなで行動しているときも「本当に優しくて」と彼を立ててあげられるような振る舞いができれば、お嫁さん候補としても認めてもらえるでしょう。

家庭的な人

どんなに便利な時代になっても、家庭的な女性は重宝されます。ボタンがとれかかっているのを発見してすぐに直してくれたり、手作りのお菓子をもってきてくれたり、いつもバリバリといるよりかは、家庭的な部分を小出しにみせたほうが結婚を意識されます。
最近はバリバリと働きながらも、梅干を自分でつくっていたり、家庭栽培をしていたりと料理に関してもアクティブな女性が増えてきています。婚活市場を勝ち抜いていくには、基本的な家事スキルはもちろんのこと、なにかアピールできる家庭的要素があったほうがいいかも……。

スマホに依存していない人

たとえ彼とデートしているときであっても、仕事に関するメールがきたら、その場でチェックしなければいけません。どんなに「今日はデジタルデトックスをする」と決めても、みんながみんなそう簡単に携帯から離れる状況ではありません。ただし、緊急的な用件ではないにもかかわらず、彼との会話を放棄して、SNSをチェックしているのは、マナー違反!
常にスマホをチェックしている姿は、彼にとってはとてもかわいらしい姿とはいえません。メールをチェックしているならまだしも、ゲームをしていた日には……。
結婚してからも夫婦のコミュニケーションは必要です。付き合う前からスマホに依存している姿をみせてしまうと「この人、大丈夫かなぁ?」と思われて、すぐにお嫁さん候補から外されてしまいますよ……。

いかがでしたか?
男性が結婚したくなる女性たちは、基本マナーを徹底的に守り、周囲を思いやり、そして自分一人でなにもかもを乗り越えていくたくましさがあります。今の時点でなにかに寄りかかっていないと気が済まないなら、少しずつ自立できるように、自分磨きをがんばりましょう!