鋭い目つきやごつごつした皮膚のしわまで、リアルに再現されたゴジラチョコ。甘い攻防戦を制するのは誰!?

写真拡大

世紀の大怪獣があま〜いチョコレートに!バレンタインに合わせ、ゴジラをモチーフにしたチョコレートの発売が決定した。初代「ゴジラ」から「シン・ゴジラ」まで、細部までこだわった魅力的なラインナップで、東京、横浜、名古屋、大阪の百貨店催事場で1月20日(金)より順次販売される。

【写真を見る】足跡をつけて歩き回るゴジラ。ついには板チョコをバキバキに壊してしまい…。ゴジラごとバリバリと食べるのがおすすめ

第1作の「ゴジラ」(1954年)が公開されてから約60年。現在までに国内で計28作品が製作され、第29作目にあたる「シン・ゴジラ」で、シリーズ累計観客動員数はついに1 億人を突破。「シン・ゴジラ」は、先日発表された第40回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀監督賞など10 部門で11受賞を果たし、公開から約半年経った今もなお、注目を集めている。

そんなゴジラ旋風を受けた商品は、全部で14種類。初代ゴジラをモチーフに、ゴジラが海上に姿を現したシーンを再現した「初代ゴジラ1954」(税抜7000円)や、チョコレートの下に劇中のゴジラの進路図が描かれた「シン・ゴジラ レリーフ」(税抜1500円)、DVD をイメージしたディスク型チョコに「シン・ゴジラ」「ゴジラvsキングギドラ」「キングコング対ゴジラ」がそれぞれ描かれた「ディスクチョコ(税抜1111円)、さらには、板チョコをバキバキに壊してしまうゴジラを模した「ゴジラが壊した板チョコ」(税抜1000円)など、ファンであれば食べてしまうのがもったいない!

ごつごつした皮膚やしわの一本一本まで、リアルに再現されているゴジラチョコ。贈り物や手土産にすれば、話題をさらえること間違いなしだ。【ウォーカープラス編集部/セキノユリカ】