吉祥文様を纏った縁起の良いショコラとして人気の「chocolat de 吉祥」シリーズ

写真拡大

吉川染匠株式会社は、吉祥文様を纏った縁起の良いショコラとして著名人の差し入れやバレンタインの催事で大人気の「chocolat de 吉祥」シリーズから新フレーバー「聖護院八つ橋」と「本醸造大極上中汲にごり酒日本酒」を提供する。

ナチュール、白味噌、京抹茶、桜、フランンボワーズ、黒七味、の6種に今回「日本酒」と「聖護院八つ橋」の2種類が仲間入り

本シリーズは、パリの5ツ星ホテル「ルネッサンス・パリ・ル・パルク・トロカデロ」にてシェフ・パティシエールを務めた経験をもつ、千葉ともみと、京都手描き友禅の名門「吉川染匠」4代目吉川博也によるコラボレートブランド。フレーバーは、ナチュール、白味噌、京抹茶、桜、フランンボワーズ、黒七味、の6種。今回“米のシャンパン”と言われている本醸造大極上中汲にごり酒を使用した「日本酒」と、京都聖護院の八つ橋を使用した「聖護院八つ橋」の新フレーバー2種類が登場し全8種となった。

全8種を楽しめるボックス「雲錦」(税抜3600円)をはじめ、ナチュール、桜、黒七味の3種を楽しめる「麗華」(税抜1500円)、白味噌、八つ橋、日本酒がセットになった「瑞祥」(税抜1500円)、京抹茶、フランボワーズ、白味噌の「富貴」(税抜1500円)も提供している。

艶やかな見た目と、京都ならではの素材を使用した上品な味わいが広がるショコラをぜひこの機会にご賞味あれ。【ウォーカープラス編集部/コダマタイチ】