写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デルはこのほど、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」のゲーミングノートPCの新モデルとして、CPUを"Kaby Lake"こと第7世代Intel Coreプロセッサに刷新した「ALIENWARE 15」「ALIENWARE 17」を発売した。直販価格は「ALIENWARE 15」が税別169,980円から、「ALIENWARE 17」が税別179,980円から。

陽極酸化アルミニウム、マグネシウム合金といった素材を採用した筐体はそのままに、CPUを強化。通常のノートPCよりもヒンジを手前側に備えるほか、銅を採用した冷却機構により、システム内部の熱を放出させる。

○ALIENWARE 15

15.6型サイズの製品。BTOが可能で、CPUやディスプレイ解像度、グラフィックスカード、メモリ、ストレージといった各パーツを選択できる。スペック違いで「スタンダード」「プレミアム」「プラチナ」の3モデルを用意する。

「スタンダード」モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7300HQ(2.5GHz)、メモリがDDR4 2400MHz 8GB、ストレージが180GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、ディスプレイが15.6型フルHD(1,920×1,080ドット/G-Sync対応)非光沢液晶、OSがWindows 10 Home 64bit。直販価格は税別169,980円。

「プレミアム」モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ (2.8GHz)、メモリがDDR4 2400MHz 8GB、ストレージが180GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、ディスプレイが15.6型フルHD(1,920×1,080ドット/G-Sync対応)非光沢液晶、OSがWindows 10 Home 64bit。直販価格は税別179,980円。

「プラチナ」モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ (2.8GHz)、メモリがDDR4 2400MHz 16GB、ストレージが180GB SSD + 1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、ディスプレイが15.6型フルHD(1,920×1,080ドット/G-Sync対応)非光沢液晶、OSがWindows 10 Home 64bit。直販価格は税別219,980円。

通信機能はギガビット対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1。インタフェースは、Thunderbolt 3×1、USB 3.0×3(Type-A×2、Type-C×1)、HDMI×1、Webカメラ(顔認証対応)、マイク×1、ヘッドホン×1など。

本体サイズはW389×D305×H25mm、重量は約3.49kg。

○ALIENWARE 17

17.3型サイズの製品。BTOが可能で、CPUやディスプレイ解像度、グラフィックスカード、メモリ、ストレージといった各パーツを選択できる。スペック違いで「スタンダード」「プレミアム」の2モデルを用意。「プレミアム」には、Tobiiのアイトラッキングシステムを搭載する。

「スタンダード」モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7300HQ(2.5GHz)、メモリがDDR4 2400MHz 8GB、ストレージが180GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、ディスプレイが15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)IPS非光沢液晶、OSがWindows 10 Home 64bit。直販価格は税別169,980円。

「プレミアム」モデルの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ (2.8GHz)、メモリがDDR4 2400MHz 16GB、ストレージが180GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1070 8GB、ディスプレイが15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)非光沢液晶、OSがWindows 10 Home 64bit。直販価格は税別219,980円。

通信機能はギガビット対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1。インタフェースは、Thunderbolt 3×1、USB 3.0×3(Type-A×2、Type-C×1)、HDMI×1、Webカメラ(顔認証対応)、マイク×1、ヘッドホン×1など。

本体サイズはW424×D332×H30mm、重量は約4.42kg。