イ・ヨンエ&ソン・スンホン主演ドラマ「師任堂、色の日記」26日に2話連続放送でスタート…緊迫感溢れる展開に期待感アップ

写真拡大

SBS水木ドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」が第1話の放送から2話分を編成し、注目を集めている。

26日から韓国で放送がスタートする「師任堂、色の日記」は、韓国美術史を専攻した大学講師ソ・ジユン(イ・ヨンエ) が、イタリアで偶然発見した師任堂(イ・ヨンエ) の日記に絡み合った秘密を、過去と現在を行き来しながら暴いていくフュージョン時代劇。日記の中に隠されている天才画家・師任堂の偉大な人生と“朝鮮版ギャツビー”イ・ギョム(ソン・スンホン) の花火のようなストーリーが、作家の想像力によって美しく描かれる。

予想とは違い正統時代劇ではなく、フュージョン時代劇として制作され、好奇心と期待感を高めている「師任堂」は、イ・ヨンエとソン・スンホン、そしてオ・ユナとヤン・セジョン、パク・ヘス、キム・ヘスク、チェ・ジョンファン、ユン・ダフン、チェ・チョルホ、イ・ギョンジン、パン・ヒョジョン、チェ・イルファなどが出演する予定だ。

また、放送が始まる26日夜10時から第1話と第2話を連続で放送する型破りな編成でさらに注目を集めている。大学講師のソ・ジユン(イ・ヨンエ) が教授になるために繰り広げる涙ぐましいストーリーと共に、イタリアに行った彼女が偶然、師任堂(イ・ヨンエ) の肖像画に接する内容だけではなく、イ・ギョム(ソン・スンホン) の強烈な姿が緊迫感溢れる形で展開される。

SBSドラマの関係者は「『師任堂』は木曜日に初放送されるため、その後の編成についてたくさん悩み、最終的に第1話から第2話の連続放送という型破りな放送を断行することになった。第1話から強烈なストーリーのため、観る方々もすぐにドラマにのめり込むことになると思う」と伝えた。