2016-2017のイヤーカーを受賞した新型インプレッサのデザインインタビュー。後半はボディのサイド面からインテリアまでを聞きます。

1

[語る人]
富士重工業株式会社
スバル商品企画本部 デザイン部長兼商品開発企画部長
石井 守 氏

── ではサイド面です。スポーツのグラフィックはワゴンに近く、レヴォーグなどとの差別化ができていないのでは?

「そこはスバル車としてユーティリティを優先しているためです。ライバル車にはもっとハッチを寝かせたクルマもありますが、それはできない。実は、その点は北米でのクリニックで修正を繰り返し、ようやくGOが出たのがこの新型なんですね」

── G4でより感じますが、ガラス下端が上にカーブすることでボディが湾曲して見え、ソリッド感を削いでいます。ここは直線ではダメ?

「バナナっぽいですか(笑)リアガラスは、キックアップさせることで軽快さを狙っているのがひとつ。また、ここは後方視界との微妙な兼ね合いがあって、スバル車では変えられない部分なんですね」

── ハイライトのボディサイドですが、どうしても2種類の異なるラインが必要でしたか?

「新型は頭部の居住性を上げるため、ガラス下端を15ミリ外側に出しています。そうするとボディの造形代が少なくなる。一方でショルダー面はしっかり出したい。そこで、ショルダーから面を垂直に下ろす表現を考えた。実は最初凹面にしたのですが、それだと陰が強すぎました」

── 下のラインをリアに向けて持ち上げているのはなぜですか?

「実は2本のラインは当初平行だったのですが、先のクリニックで線がうるさいと不評でした。そこで、コンセプトカーのVIZIV2で表現していた「削ぎ落とし」のラインを試したところ、線がひとつに見えると好評だったんですね」

── リアランプについて。フロント同様、コの字を生かすには大きくて切れがない。G4では斜めの形状も気になります

「スポーツでは開口を左右各50ミリ広げた分、固定部が少なくなって縦に伸ばす必要があった。また、G4は最初平行にしたんですが、力強さが足りなかったんですね」

── インテリアです。中央の縦長の空調口など、どこか北米を意識したイメージを感じますが

「とくにそれはないですね。先代までは空調とディスプレイが縦位置だったのを、インパネ全体を20ミリ広げたことを利用して横位置にました。これでディスプレイを一等地に置けた」

── ボディカラーは、無彩色以外は青と赤だけです

「これはあまり言いたくないのですが(笑)全色キャリーオーバーなんです。ただ、ボディがソリッドになったためか、発表会ではジャーナリストやユーザーから色が変わったように見えると好評でした。まあ、色については今後の展開を期待してください」

── 最後に。石井さんにとってデザインの時間的な耐久性とは?

「スバルは航空機のDNAがありますので、動物の躍動感というよりはマシンとしての強さを表現したい。鉄板を捻ることで剛性が出るようなイメージですね。そのソリッドさをシンプルに出したいと。Cセグメントのライバルには複雑な面を持つクルマが多いですが、その点でインプレッサは可能な限りシンプルにできたと考えています」

── なるほど。今日はありがとうございました。

(すぎもとたかよし)

【関連記事】

インプレッサはダイナミック&ソリッドか? ─ スバル新世代デザインを解く(前編)
http://clicccar.com/2017/01/19/431864/

インプレッサはダイナミック&ソリッドか? ─ スバル新世代デザインを解く(後編)(http://clicccar.com/2017/01/20/431873/)