栃木に入団するGKジョニー・レオーニ

写真拡大

 栃木SCは20日、昨季はAC長野パルセイロでプレーしていた元スイス代表GKジョニー・レオーニ(32)を完全移籍で獲得したと発表した。同選手は昨年途中より長野に加入し、J3リーグ戦15試合でゴールマウスを守っていた。シーズン後に契約満了が発表になっていた。

 クラブを通じ、「改めて私に日本のJリーグでプレーをするチャンスを与えてくれた栃木に感謝の気持ちを送ります。そして私は再び日本に戻れることを大変幸せに感じております。栃木はJ3リーグの中でもトップクラブであり、目標である昇格のためにベストを尽くすことをお約束します。関係者の皆様、ファン、サポーターの皆様と共に精一杯戦っていきたいと考えています」と決意表明した。


●{{2017年Jリーグ移籍情報