週明けて月曜の朝一番のオフィス。週末の楽しい余韻に浸りたいところだけど、仕事のメールを開いたら要返答がてんこ盛り! なのに外出も、会議もガシガシ入ってる…!って状況に出くわした事がある人は少なくないはず。。

一刻も早く、朝のうちにメールをさばきたいところだけど、コスモポリタン イギリス版によると、この朝イチの時間帯は仕事メールの返答には適さないんだとか。というのも、研究を実施した<Grammarly>は、13:00〜17:00までの間が最適だという研究結果を発表したから。

このサイトはウェブブラウザGoogle Chromeの拡張機能で、メールを送信する前に内容の文法、スペル、タイプミスを訂正してくれるというもの。このシステムが数十億の単語を分析した結果、朝早い時間と遅い時間にメールを書く人はミスを犯しがちである傾向を発見したのだとか。

同社によると、4:00〜8:00は100ワードごとに平均11.8個、22:00〜2:00までの間には100ワードごとに14.3個の間違いがそれぞれ見受けられたんだとか。

また、SNSとメールだけを使用している人に比べ、ブロガーはミスが少ないことも判明したそう。それでも早朝と深夜にはやはりミスが多いんだとか。

となると、自分の昇進、仕事の応募、昇給などに関する重要なメールを書くなら、少しでも失敗を少なくするべく、送信するのはランチの後まで待つのが賢明かも。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK