撮影後、撮影のエピソードを語る大泉洋

写真拡大

転職情報サイト「リクナビNEXT」では、大泉洋が応援歌「笑えれば」を歌うCMの第二弾を1月21日(土)からオンエアする。CMでは、前作に引き続き大泉が転職に悩む若者たちを歌で励まし、背中を押すというハートフルな内容になっている。

【写真を見る】インタビューを受けるトータス松本

「続・応援歌 銭湯」篇では、「転職か〜」とつぶやきながら悩む男性が銭湯へとやって来る。それを見た大泉は持っていたアイスをマイク代わりに使い、「笑えれば」を口ずさんで男性に微笑みかける。アイスを半分に分け、差し出す大泉は「大丈夫」と優しく声を掛け、男性は思わず笑顔に。

撮影は都内の銭湯を借り切って行われ、大泉は「隣が女湯ですよね、ドキドキしますね(笑)」と冗談をとばしながら現場入り。撮影が始まると、今回は、より明るく陽気な雰囲気で歌い上げて見せた。

今回、「笑えれば」を作詞・作曲したウルフルズのトータス松本がインタビューに応え、コメントした。大泉が歌うと聞いたときの感想を「単純に嬉しかったんです。昔、大泉くんらとカラオケに行ったときに、布施明さんの『君は薔薇より美しい』って曲を大泉くんが歌ったんやけど、それがもう異常にうまくて、すごいビックリした覚えがありました」と語った。

さらに、大泉の歌に点数をつけるとしたら?という質問に「100点と言いたいところだけど、悔しいので、85点くらい。結構高いよね?(笑) 一応、15%は僕が作ったということで引かせてもらって。いやでも本当にうまいですよ。ピッチもいいし。いいと思います」と厳しい採点をしながらも絶賛した。