オレの女神様……! 初対面の女子に「運命の相手だ」と思う瞬間6つ!

写真拡大

一目ぼれという言葉がありますが、実際初対面であるにもかかわらず、この人こそが運命の相手だと思ってしまう瞬間は本当にあるものなのでしょうか? そこで今回は、初めて会った女性に「運命の相手かもしれない」と思ってしまった経験のある男性に伺ってみました。

(1)じっと見つめられたとき

・「こちらを見つめてくれたときに思う」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「おめめぱっちりで、大きな瞳で見つめてくれる」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

きれいな目でじっと見つめられると、ドキリとしてしまう男性もいるのではないでしょうか? こんな瞬間にときめいてしまったときなどには、もしかするとこの女性は……なんて思ってしまうのかもしれませんね。

(2)外見がもろ好みの女性だったとき

・「見た目がもろに好みの相手だったとき」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「顔がものすごいタイプで、思い出しただけでドキドキするぐらいかわいい子がいたとき」(37歳/機械・精密機器/営業職)

初対面の女性が自分の理想通りの好みの女性だったときは、ぎゅっと胸をつかまれるような気持ちになってしまう男性もいるのではないでしょうか? こんなに好みにぴったりの女性が目の前に現れるなんてと舞い上がってしまいそうです。

(3)趣味など共通する話題が多いとき

・「好きなアーティストや趣味など、共通の話題が多い」(35歳/食品・飲料/営業職)
・「趣味の話がとてもよく合い意気投合したとき」(38歳/金融・証券/営業職)

好きなものや好きなことなどがやたらとマッチするようなときは、運命を感じてしまうかもしれません。どうしてこんなにも気が合うのだろうかと、相性以外の何かを感じてしまいそうですね。

(4)価値観や考え方がよく合う

・「しゃべっていて価値観や趣味が合う人で顔がタイプなとき」(34歳/運輸・倉庫/その他)
・「趣味や価値観が同じで、初対面なのに一緒にいて居心地がいい人がいると、こんな女性は他にいないなと思ってしまうので運命の相手に感じる」(37歳/情報・IT/技術職)

好きになって付き合っている相手であっても、考え方のちがいや価値観のちがいに悩まされることがあります。初対面であったにもかかわらず、価値観などがぴたりと合うような女性に出会ってしまうと、思わず運命を感じてしまうかもしれません。

(5)会話が楽しく続く相手だったとき

・「会話が弾むとそうなのかなと勘違いしますね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「楽しい会話が続く。話していて飽きない」(30歳/情報・IT/営業職)

フィーリングという言葉がありますが、一緒に話をしていて会話が弾むと気や居心地がいいときなどはそのフィーリングの良さを感じられますよね。フィーリングが合う女性というのは、その男性の心と同調することも多く、親近感も高まるのでしょう。

(6)性格が合うなど感じたとき

・「その子とやたらと性格や趣味が合ったとき」(37歳/小売店/販売職・サービス系)
・「なんとなく性格や波長が合う。笑顔で話せる」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

どんなに性格のいい女性であっても、自分とはしっくりこないということもあります。性格が合うと感じるということは、そうした違和感が一切ない状態だともいえるでしょう。こうした女性と出会うと、初対面でも何かちがうと感じられそうですね。

■まとめ

男性は、初めて会った女性であっても、自分が驚くほど惹かれてしまうこともあるようです。特に、自分の好みにドンピシャの女性だった場合には、これは運命なのではないかと思ってしまうといいます。初めてとは思えないほど馬が合い、一緒にいて楽しいと思えれば、その先もと考えてしまうかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数120件(22〜38歳の働く男性)