写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サードウェーブデジノスは20日、12.2型ディスプレイを搭載した、着脱式の2in1 PC「Diginnos DGM-S12Y」を発表した。構成違いで3モデルをラインナップし、全国のドスパラ店舗、および通販サイトで販売開始。直販価格は税別64,800円から。なお、26日19時までの期間は、発売記念キャンペーンとして最大5,000円引きで提供する。

Skylake世代のCore m3-6Y30を搭載した、12.2型の着脱式2in1 PC。アクティブペンを標準搭載し、デスクトップ画面に直接情報を書き込めるWindows Inkに対応。また、カバー一体型キーボードには、生体認証機能「Windows Hello」に対応した指紋センサーも装備する。アクティブペンはキーボード側面に収納可能。

ラインナップは、4GBメモリ・64GB SSDを搭載した「DGM-S12Y-4064」、4GBメモリ・128GB SSDを搭載した「DGM-S12Y-4128」、8GBメモリ・256GB SSDを搭載した「DGM-S12Y-8256」の3モデル。

主な仕様は共通で、CPUがIntel Core m3-6Y30(900MHz)、グラフィックスがIntel HD Graphics 515(CPU内蔵)、ディスプレイが12.2インチ液晶(1,920×1,200ドット)など。カメラ機能は前面が約200万画素、背面が約500万画素。OSはWindows 10 Home。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0。インタフェースはUSB Type-C、USB 3.0、microHDMI、microSDカードスロットなど。本体サイズはW305×D210×H10.5mm、本体重量は約935g。キーボードは635g(専用キーボード+専用ペン)。

発売記念キャンペーンでは、1月26日19時までの1週間限定で、各モデルを最大5,000円割り引いて販売する。割引価格は下記の通り。