写真提供:マイナビニュース

写真拡大

iPhone内蔵のカメラで撮影した写真は、iOSに付属の『写真』で鑑賞することがお約束。このアプリは静止画ビューアとしてだけでなく、簡易な編集やアルバムの共有など豊富な機能を備えており、さらにiOS 10では強力な検索機能も追加された。

この検索機能を使うと、撮影日時や位置情報(住所)といった写真に記録されているメタデータを対象にすることはもちろん、画像認識をもとに導き出されたキーワードで目的の写真を探し出すことができる。「写真の内容」で検索できるといえばわかりやすいだろうか。

入力するキーワードは、ごく一般的なものでかまわない。「海」や「海岸」で検索すれば、被写体に海水面や海辺が含まれる写真がヒットする。撮影地の住所に「海」が含まれる写真もヒットしてしまうが、いつどこで撮影されたかに関係なく「海」が映り込んだ写真を探し出すことができるのだ。

この検索/画像認識にはAppleが開発を進める人工知能(AI)の技術が活用されており、被写体がどのようなものかを自動識別したうえで、検索対象としてくれる。その対象は幅広く、「山」や「木」など風景に関連するもの、「カレー」や「酒」など食品/嗜好品に関連するものと、いろいろなものがAIにより識別されていることがわかる。まずは画面右上の虫メガネをタップし、思いつくキーワードで検索してみよう。

ただし、AIの技術は発展途上であるためか、謝ってカテゴライズされることも珍しくない。実際、「サンドイッチ」というキーワードで検索したところ、ぱっくり割れたアケビの写真がヒットした。分厚い薄茶色の皮から白い果肉がのぞく様子は、サンドイッチと似ていないこともないが、明らかに誤認だ。今後の進化に期待しつつ、気持ちに余裕をもって利用しよう。

○操作手順をカンタン解説

(海上忍)