写真提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『英単語を入力するときキーボードを切り替えることが面倒です……』という質問に答えます。

***

ふだん利用しているソフトウェアキーボードは「日本語(かな/テンキー)」、「日本語(ローマ字)」、それともサードパーティー製でしょうか? いずれにせよ、日本語キーボードで英単語を入力することはスムースとは言い難いため、スピードを重視するならば英語キーボードに切り替えることをお勧めします。

とはいえ、たった一語を入力するためだけにキーボードを切り替えるのはムダに感じられるかもしれません。ご質問の意図は、キーボードを切り替えずに短い英単語を入力したい、そのいい対策はないか、というところでしょうか?

結論からいうと、日本語キーボードのまま入力してしまえばOKです。なにか英単語を入力すると、ソフトウェアキーボードの上部に(未変換の)文字列として表示されますが、そこで入力を確定せず右端の「∧」をタップしましょう。変換候補欄には、入力した英単語がいくつかのバリエーションで表示されるので、そのなかから使いたいものをタップすればいいのです。

たとえば、「look」と入力するとしましょう。日本語キーボードの状態で入力すると、変換候補には「ぉおk」と表示されることでしょうが、それは気にせず「∧」をタップしてください。すると、画面上部には「ぉおk」にくわえ「look」や「LOOK」、「LOOK」(全角文字)が変換候補として表示されるはずです。

そのとき、先頭文字は大文字から始めることがコツです。利用するキーボードが「日本語(かな)」のときは、ABCボタンをタップしてローマ字モードに切り替えたあと、なにかアルファベットを入力したあとに「a/A」ボタンをタップすればOKです。「日本語(ローマ字)」のときは、シフトボタン(↑)を押しながら先頭のアルファベットを入力しましょう。そうしないと、「Look」のように先頭だけが大文字の英単語が変換候補に現れません。

(海上忍)