ソ・イェジ、映画「他の道がある」で練炭ガスを実際に吸引…監督が釈明“表現が誤っていた”

写真拡大 (全2枚)

チョ・チャンホ監督が、映画「他の道がある」でソ・イェジが練炭ガスを実際に吸引したシーンに対する議論に対して釈明した。

チョ・チャンホ監督は19日、自身のTwitterに長文のメッセージを掲載した。「他の道がある」の撮影のために、ソ・イェジに実際に練炭ガスの吸引を要求したという議論と関連して口を開いた。

彼は「私の表現が誤っていた。映画制作の過程で起きた問題だ。安全をはじめ、気を付けて点検して、最善を尽くしたが不足したことも事実だ」と誤りを認めた。

だが、その一方で「私たちはコミュニケーションの過程を通じて映画を作ったということをまず明らかにする。今後詳しく申し上げる」と伝え気がかりにさせた。

これと共に彼は、「申し訳ありません」という短い謝罪メッセージを付け加えた。

先立ってソ・イェジが、「他の道がある」の広報のため進められたマスコミのインタビューで、「監督とスタッフが私を除いて話し合った後、『ひょっとして練炭ガスを吸えるか』と尋ねてきた」と明らかにし議論がふくらんだ。映画の中で練炭ガスを吸って苦しがるシーンは現実の状況だったのだ。

「他の道がある」は、顔も名前も知らないまま人生の最後の瞬間を共にすることにした2人の、辛いが美しい旅程を描いた作品だ。ソ・イェジとキム・ジェウクが出演し、韓国で19日から公開中だ。