映画『沈黙』は、思考という娯楽で全ての葛藤に問いかける

写真拡大 (全5枚)

巨匠マーティン・スコセッシの盟友で脚本家のジェイ・コックスが、遠藤周作の傑作『沈黙』の映画化プロセス、スコセッシとの仕事、現在のアメリカを語る。

巨匠マーティン・スコセッシ監督が、28年という長い年月と困難を乗り越え、戦後日本文学の金字塔『沈黙』をついに映画化した。

17世紀の江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎で、日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てること)したとされる宣教師フェレイラの行方を探るため、ひっそりと日本に潜入した弟子のロドリゴとガルペ。大いなる信念を貫くべきか、それを捨ててでも目の前の弱々しい命を救うべきか。追いつめられたロドリゴが辿り着く、究極の境地を描く。

スコセッシが1988年に原作と出会ってから28年。ともに映画化に向けて尽力し続けた脚本家ジェイ・コックスが、ローリングストーン日本版のインタヴューに応じた。


ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)と隠れキリシタンのモキチ(塚本晋也)。(C) 2016 FM Films, LLC.  All Rights Reserved.

-コックス氏は、脚本家になる前は映画のライターをやられていたんですよね。

うん、僕は長いことタイム誌で映画のライターをやっていた。マーティともそこで出会ったんだ。実はローリングストーンで書いていたこともあるんだよ。だけど映画の脚本を書くようになって、脚本を書きながら映画のレヴューを書くのも変だなと、主に音楽評を書くようになったんだ。ロックをメインに、たまにジャズのレヴューを書いていたね。

-映画を見て、信仰とは何か、信念とは何か、さまざまなことを考えさせられました。

君は、世間の人々が考えることが必要な映画を見たいと思っていると思う?

-個人的には、観客として考える余白のある映画を見たいと思います。しかし、セ弭梨イ鯢要としない短絡的な映画を嗜好するという潮流も否めないと思います。そういう意味でも、この映画に対する観客のリアクションが楽しみですよね。

僕もそう思う。僕としては、僕がこれまで書いた作品の中でも『沈黙』はベストの作品だと思ってる。マーティにとってもベストな作品と言えるんじゃないかな。少なくとも彼のフィルモグラフィーの中で、最も個人的な作品になってると思う。

映画を取り巻く環境もだいぶ変わってきたよね。マーティや僕らが育った時代は、世界中から集められた傑作が、2週間に1度は映画館で見られる時代だった。それは本当に心沸き立つ時代だったよ。黒澤明、アンジェイ・ワイダ、イングリッド・バーグマン・・・映画文化が豊かで良質な映画体験ができたんだ。そして当時の映画は、観た後に観客が何かを考えさせられる映画だった。

僕は、ス佑┐襪海琵イ魯┘鵐織謄ぅ瓮鵐箸世隼廚辰討襦7茲靴道纏のようなものじゃない。映画に刺激されることによって、自我や意識が拡大するんだ。僕たちの映画『沈黙』も、そうなっているといいんだけどね。

-本作は、遠藤周作の原作にかなり忠実に描かれていますよね。そこからも、スコセッシ監督とコックス氏の原作への深い理解とリスペクトを感じました。

そういってくれて嬉しいよ。ありがとう。まさにそれが僕らの狙いだったんだ。

遠藤さんの原作は素晴らしい傑作だと思うけれど、映画化は非常に難しい作業だった。しかも英訳版が1つしかなくて、正直それはあまりいい出来ではなかった。誤訳もあり、文化的な違いもあり、ストーリーの流れも混乱するようなものだったんだよ。原作は第三者の視点で語られたり、ロドリゴの視点・書簡の形式で語られたり、巻末は記録文書で終わったり。技巧的で複雑な小説なんだ。

特に最後の結末には悩んだよ。そこで、僕のジャーナリスト時代からの友人でイッセイミヤケで働いてる女性がいるんだけど、彼女に最後の文章を翻訳してもらったんだ。彼女の翻訳は原作と非常に似ていながら非なるもの、本質的には異なるものだった。僕には彼女の翻訳の方がしっくりきて、完成した映画もそれに近いものになってるよ。


撮影現場でのマーティン・スコセッシ監督。(C) 2016 FM Films, LLC.  All Rights Reserved.

-スコセッシ監督とは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』などでも共作されていて、まさに同志といった間柄ですよね。

実は、キリストを描いた『最後の誘惑』(88)でも一緒に仕事をしていたんだよ。その時に大いに助けになってくれたある司祭から、マーティは遠藤周作の『沈黙』を渡されたんだ。マーティは黒澤明監督の『夢』にヴァン・ゴッホ役で出演していた時に、日本でその本を読んだんだよ。

-『沈黙』の企画を持ち込まれてから約25年経ちますが、今振り返ってみていかがですか?

25年というのはとても長い年月だよね。脚本家としては、映画化するにはとても難しい小説でかなり不安もあった。それは、もはや恐怖だったと言ってもいい。物理的にも、感情的にも、精神的にも、原作に対して理解し難い部分もあった。だけど、マーティとの友情、彼の情熱、原作への理解が僕を助けてくれて、何とかこうして形にできたんだ。マーティは、監督も俳優もその他のスタッフも、みんな同等の立場の戦友・仲間だと考えていて、彼の情熱とやる気が相手にも伝染するんだ。だからみんなが、一人では到達できないポイントにまで行くことができるんだと思う。

-この物語には信仰という観念がベースにありますが、宗教心を持たない人間にも訴えかけるもの、または問いのようなものを投げかけていますね。

そう、これが信念についての映画であることは確かだ。だけど、この映画は良心についての映画でもある。

-宣教師たちの間でも、日本の村人たちの間でも、それぞれのコミュニティの中で対立・不和が描かれていたことも印象的です。すべての人々に言い分があり、自らの人生を選ぶ自由があるんですよね。

そう思う。ジョン・レノンもこんなことを言っていた。「みんなそれぞれ理由がある」と。それこそ、僕たちが描きたかったものなんだ。

-台湾で撮影されたとのことですが、当時の日本の情景が鮮明かつ緻密に描かれており、いわゆるコ姐饋佑撮ったおかしな日本イ任呂覆ったことにも感銘を受けました。

マーティは物語のディテールが正しいことはもちろん、日本の文化や日本人の視点、日本人たちが自分たちの文化を守ろうとしたことをしっかり描きたかったんだ。ロドリコ同様、僕らは日本にとってのアウトサイダーだけど、決して日本人が悪いという物語を描きたかったわけじゃないんだ。

-勧善懲悪の物語ではないですよね。

その通り。この映画に悪人は出てこないんだ。


窪塚洋介がキリスト教におけるユダ的な存在、キチジローを熱演。(C) 2016 FM Films, LLC.  All Rights Reserved.

-窪塚洋介演じるキチジローは、弱き者の代表、また主人公ロドリゴの弱い部分が亡霊のように表出したキャラクターでとても秀逸でした。そして彼の「弱き者の居場所は?」という問いかけが、とても今日的なテーマだと思いました。

本当にそうだね。誰もが自らに問いかける言葉だと思うし、私自身うまくいかなかった時に自らに問いかける問いでもある。政治的にも、経済的にも、社会的にも無力感を感じる時、僕はキチジローを思うんだ。初めて原作を読んだ時は、キチジローというキャラクターの理解に困った。でも読み進めるうちに、彼の人間らしさを愛するようになったよ。

-25年の月日が経ったことは偶然かもしれませんが、宗教、人種、セクシャリティなど、異分子排斥の傾向が世界中に蔓延している今の時代に、この映画が公開されることは何だか感慨深いですね。

本当にそう思う。もしマーティが原作を読んだ当時に作っていたら、この映画はだいぶ違うものになっていたと思う。この長い月日の間に、知的な意味でも精神的な意味でも、マーティも僕も互いに成長できたと思う。

-イスラム教徒を入国禁止にする、メキシコとの国境に壁を作るなど、過激な発言で約半数のアメリカ国民の心を掴んだ、第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプについてはどう思われますか?

そうだね。君の家に僕が住める空き部屋はない?(笑)

冗談はさておき、本当に怖いことだよ。彼は我が国の恥だ。もう1人の候補者(ヒラリー・クリントン)はトランプよりはマシでだったけど、それでも理想的な候補者とは言えなかった。そんな2人しか大統領候補がいなかったということも、残念ながら恥じるべきことだと思う。トランプが大統領になることでアメリカだけでなく、日本をはじめ、僕の愛する国々に与える影響を考えると、震えがくるよ。

-日本でも非常にファンの多い原作の映画化です。日本の観客に何か伝えたいことはありますか?

僕の願いは、この映画が遠藤周作の傑作を鏡のように映し出すものであり、讃えるものであってほしいということ。アメリカも日本も超えて、全世界で普遍的なものであってほしい。そして、信仰や良心について葛藤し、苦しんでいる人々全てに問いかけるものであってほしい。そういう作品に仕上がっていると思うよ。

マーティが僕に企画を持ち込むまで、僕は『沈黙』を知らなかった。知らなくて幸運だったと思う。もしこの本を知っていて、この本と共に育っていたら、僕はこの本を映画化することが、もっともっと怖かったと思うんだ。


JAY COCKS
ジェイ・コックス 1944年、アメリカ・ニューヨーク出身。タイム誌、ローリングストーン誌などでライターとして活動した後、脚本家となる。主な代表作は、『ギャング・オブ・ニューヨーク』『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』(マーティン・スコセッシ監督)、『ストレンジ・デイズ/1999年12月31日』(キャスリン・ビグロー監督)など。

『沈黙-サイレンス-』
原作:遠藤周作
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
撮影:ロドリゴ・プリエト
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ
1月21日(土)より全国ロードショー。
http://chinmoku.jp