写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本電気(NEC)は1月20日、香港とグアムを結ぶ総延長約3900kmの大容量光海底ケーブルシステム「HK-G(Hong Kong Guam Cable System)」の建設請負契約をシンガポールのRTI Connectivityと締結したと発表した。

同海底ケーブルは、2020年1月に稼働開始する予定。一波長あたり毎秒100Gbpsとなる最新の光波長多重伝送方式に対応しており、建設時設計容量として毎秒48Tbpsの伝送が可能。

今後HK-Gは、2015年3月からNECが建設を手掛けている、東南アジア〜米国を直接結ぶ光海底ケーブル「SEA-US」とグアムで連結する予定。これにより、東南アジアと米国だけでなく、中国や香港と米国の通信ネットワークの拡充にも貢献する。さらに、他の域内海底ケーブルとの相互補完によりネットワークの冗長性が高められ、大容量・高信頼な通信を実現できるとしている。

(山本明日美)