ミゲル・ファーラー

写真拡大

『NCIS : LA 〜極秘潜入捜査班』や『女検死医ジョーダン』など数多くのテレビドラマや映画で知られるミゲル・ファーラーが、1月19日(木)未明、妻と二人の息子に見守られながら自宅で亡くなったと米E! Newsなどが報じた。61歳だった。

カリフォルニア州サンタモニカで生まれたミゲルは、アカデミー賞受賞俳優のホセ・ファーラー(『シラノ・ド・ベルジュラック』)を父に、そして歌手のローズマリー・クルーニーを母に持つという芸能一家で育った。俳優のジョージ・クルーニーは、いとこにあたる。

ミゲルは1980年代に『私立探偵マグナム』に出演し、その後も『ツイン・ピークス』『ER 緊急救命室』、『ふたりは友達? ウィル&グレイス』や『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』など数多くのテレビ番組に出演。また、『スタートレック3 ミスター・スポックを探せ!』、『ロボコップ』、『アイアンマン3』など40作品以上もの映画で重要な役どころを演じるだけではなく、アニメの声優としても活躍した。

いとこであるジョージ・クルーニーは、次のようにコメントを発表している。「(アメリカに新大統領が就任する)今日、私たちの世界の歴史は大きく変わるだろう。そのような日にミゲル・ファーラーが喉頭癌との戦いに負け亡くなったという事実を、ほとんどの人は気がついていないかもしれない。だが我々家族にとってはそうではない。ミゲルは世界をより明るく、そして楽しいものとしてくれた。我々家族は彼の旅立ちに深く心を痛めている。この悲しみは(大統領就任に)比にならない。ミゲル、愛している。これからもずっと」

アメリカで5月21日より放送される復活版『ツイン・ピークス』にもミゲルは出演者として名を連ねている。長年、多くの作品で活躍をしてきたミゲルの冥福を心より祈りたい。(海外ドラマNAVI)