主人公の決意を歌い上げる主題歌「どこまでも How Far I'll Go」 (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 ウォルト・ディズニー・アニメーションの新作「モアナと伝説の海」で、モアナの日本語吹き替え版声優に大抜てきされた新人・屋比久知奈が歌う主題歌「どこまでも How Far I'll Go」の日本語吹き替え版PVが公開された。

 海に選ばれ、愛する人々を救うべく運命付けられた少女モアナの冒険を描く。主題歌では、16年間、島の外に出ることを禁じられていたモアナが、海の先に何が待っているのか不安を感じながらも、神秘の大海原へ旅立つことを自分で決断する気持ちが表現された。本作でデビューを果たす屋比久は、海に対する憧れや不安、葛藤(かっとう)などモアナの感情をうまく表現したいと思いながら主題歌の歌唱に臨んだという。

 沖縄出身、現在大学4年生の屋比久は、「最初は不安でいっぱいでした」と言うが、練習を重ねるうちに、だんだん不安がポジティブな気持ちに変わっていき、楽しんで収録できたという。このほど公開されたPVでは、のびやかで力強い歌声を披露している。英語版のモアナ声優アウリー・クラバーリョは、「知奈の歌声は素晴らしいわ。多くの方に知奈の歌声を聴いてもらえることに、私がどれほど興奮しているか言い表せないくらいよ」とコメントを寄せた。

 海に選ばれた少女モアナは、命の女神テ・フィフィの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守るため、神秘の大海原へと飛び出す伝説の英雄マウイとともに、世界を救う冒険に挑む。そして立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていく。

 「モアナと伝説の海」は3月10日公開。