写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニック エイジフリーは1月20日、離床アシストロボット「リショーネPlus」が、2017年1月16日付けで、国際規格ISO13482に基づくパーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の認証を取得したと発表した。

同認証は、日本品質保証機構(JQA)がパーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO13482に基づいて、安全性の評価を実施し、認証したもの。

リショーネPlusは、2014年6月より販売された離床アシストベッド「リショーネ」に、利用者の声を反映して、利便性や安全性、デザイン性などを向上させたモデル。従来のリショーネでは、車いすの配置が右側に限定されており、部屋の間取りでは使いづらいことがあったが、リショーネPlusでは、組み立て時に車いすの配置を左右から選択できるようにしたほか、カバー付きアームレストや背足が連動する電動リクライニング(車いす)など、安全性ならびに快適性を向上させた。また、操作器を改良し、音声ガイドと液晶表示で車いすの分離・合体操作を案内する工夫なども施されたという。

なお、リショーネPlusは2017年1月20日より発売を開始する予定のほか、2月1日より順次、介護が必要な家庭での利用に向けたレンタル提供を開始する予定としている。

(小林行雄)