婚活アドバイザーが教える! 幸せが長続きする「尊敬婚」とは?

写真拡大

「結婚したいけど、理想の人に出会えない……」「今の彼と結婚して、幸せになれるのかな?」など、結婚の悩みを抱える女性は多いですよね。今回は、2016年12月に書籍『婚活学講座 尊敬婚のすすめ』を発売した、結婚相談所マリーミー代表のカリスマ婚活アドバイザー・植草美幸さんにインタビュー。新たな結婚スタイル「尊敬婚」についてお話をうかがいました。

■働く女性にオススメの「尊敬婚」とは?

「尊敬婚」とは、人として尊敬できるような要素を持っている妻と、そんな妻を心から尊敬している夫の、新しい結婚スタイルのこと。たとえば、妻のほうが夫よりも年上で人生経験が豊かだったり、仕事をがんばっていて夫より高収入だったりするパターンが多いですね。そして妻も、そんな自分を尊敬してくれる夫の人間性や成長性を尊重できるような、お互いに尊敬し合える関係性が理想です。

昨今は女性の社会進出が増えて、夫婦の共働きも当たり前になってきています。私が代表を務める結婚相談所マリーミーでも、女性会員が自分のプロフィールに「専業主婦希望です」なんて書いた日にはもうアウト! 男性からのお見合いの申し込みなんてほぼ来なくなります。それくらい、男性も結婚相手の条件に「共働き」を求める人が増えているんですよ。

「夫が仕事で家計を支えて、妻は家事育児をするべき」という風潮は、もはや時代錯誤。夫が「うちの妻はこんなにすごい仕事をしているんだよ!」と、働く妻を堂々と自慢できるような時代になってきていますし、今後もさらにそうなっていくでしょう。

しかしまだまだ、結婚相手の男性に「経済力」や「学歴」などのスペックを求めて、それに依存する女性は少なくありません。そして男性も「とにかく若い女性がいい」と言う人が多いですよね。だけど、相手のスペックよりも“人間性”を重視した「尊敬婚」のほうが幸せが持続しやすいですし、このような夫婦はこれからどんどん増えていくと思います。

■夫の出世も早くなる!? 「尊敬婚」のメリット

お互いを人として尊敬しているからこそできる「尊敬婚」には、夫婦それぞれに多くのメリットがあるんです。

<夫のメリット>

尊敬している妻からいろいろと教えられることが多いので、まず教養が身につきます。たとえば私の結婚相談所で尊敬婚をしたカップルも、夫が年上の妻に礼儀やマナーなどを教えてもらっているおかげで、毎年ご丁寧にお中元やお歳暮を贈ってくれるんです。いい意味で妻に引っ張られるんでしょうね。そういった男性は、職場での出世も早いですね。

<妻のメリット>

尊敬婚をする夫婦は、年下男性×年上女性のパターンが多いのですが、そのような場合、妻はいつまでも若々しくいられることが多いです。「夫にオバサンとして見られたくない」という意識が強いので、自然と美意識も高くなるんですよね。あとは、家庭だけに依存せずに、仕事など自分のやりたいことができるので、ありのままの自分で生き生きと過ごすことができます。

<夫婦2人のメリット>

お互いに依存しすぎず、自立した関係を築けるのが一番のメリットですね。また共働きであれば、2人分の収入が得られるので、もちろん家計にも余裕が生まれます。そしてスペックではなく、相手の中身を好きになって結婚しているので、結婚生活が長続きする傾向も高いでしょうね。

このように、人として成長できたり、自分らしく生きられたりと、さまざまなメリットが考えられます。まさに、現代を生きる男女にはぴったりの結婚観だと言えるでしょう。

■命令口調はNG! 「尊敬婚」の注意点

そんな「尊敬婚」ですが、2人で幸せな結婚生活を持続させるためには、結婚後に注意するべきこともいくつかあります。

<夫が注意するべきこと>

妻のことを尊敬するあまり、甘えすぎることもあります。そうならないように、妻側のサポートも過剰になりすぎないよう気をつけましょう。

<妻が注意するべきこと>

夫の知らないことを教えてあげるとき、命令口調にならないこと。根気よく褒めたり、励ましたりして、愛情を持って夫を育ててあげてください。

<夫婦2人が注意するべきこと>

お互いがあまりにも忙しい場合、2人で過ごす時間が取れなくなることがあるかもしれません。そうならないためにも、週末などに定期的に2人で話す時間を作って、コミュニケーションを図るように意識しましょう。

夫婦生活において、お互いをきちんと思いやることは大前提。「尊敬婚」をするなら、これらの注意点を守ることを心がけてみましょう。

■『婚活学講座 尊敬婚のすすめ』(評言社)

1年以内の成婚率80%以上の実績を持つ、結婚相談所マリーミー代表のカリスマ婚活アドバイザー・植草美幸による書籍。「尊敬婚」という新しい結婚のスタイルを提唱している。また婚活を「プロジェクト」とし、「自己分析シート」や「婚活ワークシート」なども書籍に付属するなど、短期間で結婚したい女性を徹底的にサポートするような内容となっている。

(マイナビウーマン編集部)