写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井住友銀行は4月10日、同行本支店間の振込を24時間即時決済化する。

従来、同行本支店間での振込のうち、平日15時以降および土日祝日の利用については、翌営業日付の取り扱いとなっていたが、同行の本支店ATM、コンビニATM(イーネットATMとローソンATM)、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)から申し込んだ振込は、手続後すぐに受取人の口座に入金されるようになる。

毎週日曜日21時〜翌月曜日7時他のシステムメンテナンス時間を除く。対象となる受取人の口座は、普通預金・貯蓄預金・カードローン口座。

※写真は本文と関係ありません