<日米中が開発に鎬を削る、これまでとは次元が異なる演算能力を誇るスーパー・スパコンが年内にも登場すると、新華社が報道>

 中国の科学者が、世界初となる「エクサスケール」(1秒間に100京回の演算能力)」の国産スーパーコンピューターを開発中だと、国営新華社通信が報じた。

「スーパー・スパコン」とも呼ばれる次世代パソコンの開発で、中国が年内にも一番乗りする予定だ。すでに最速のスパコンをもつ中国が、さらに日本、アメリカを突き放すことになる。

「スーパーコンピューター本体とアプリケーションによる演算処理システムの完成は、2020年になる見込みだ。2010年に世界最速に認定された中国初の1ペタスケール(1秒間に1000兆回の演算能力)の「天河1号」(演算性能は約2566兆回)と比べて、200倍もの処理能力を持つことになる」と、国家スーパーコンピューター天津センターの技術者チャン・ティンは新華社通信に語った。

【参考記事】航空機も「育てる」化学のコンピューター

最速スパコン数でも初めて米中逆転

 昨年6月にコンピューターの国際会議SC16が発表した世界のスーパーコンピューターの計算速度ランキング「TOP500」では、国別の機数で中国が初めてアメリカを抜いて首位に立った。

 アメリカの165機に対し、中国勢は167機が上位500位入りを果たした。1993年のランキング開始以来、アメリカが数でスーパーコンピューター世界一の座を奪われたのは初めて。

「10年前、TOP500入りした中国勢はわずか28機で、そのうち上位30位に入ったのは1機もなかったことを考えると、スーパーコンピューターの歴史上、中国は他のどの国よりも速く、目覚ましい技術の進歩を遂げつつある」と当時TOP500は評価した。

【参考記事】人工知能、「予測」を制する者が世界を制す

 開発者によると、中国の新型機はデータ処理能力で世界をリードし、ビッグデータの解析やクラウドと連携させるうえで重要なアプリケーションを取り入れるという。

 世界最速のスパコン開発でアメリカが中国に遅れを取っている傾向を、バラク・オバマ米大統領は2010年の一般教書演説で「我らの世代のスプートニク事件」と呼び、最強のスーパーコンピューター開発の重要性を強調した。1957年に人類初の人工衛星の打ち上げでソ連(当時)に先を越されたスプートニク・ショックを持ち出すほどの危機感だったということだ。その後アメリカの「タイタン」が中国の「天河2」に再び世界一の座を奪われた2013年以降は、何としても首位の座を奪還する意向を示していた。

【参考記事】米中スパコン対決という軍拡競争

アンソニー・カスバートソン