「被告人」チソン、事件前の家族写真を公開…“温かい笑顔”

写真拡大 (全2枚)

「被告人」チソンの宝物である家族の姿が盛り込まれた写真が公開された。

チソンは、韓国で今月23日から放送スタートするSBS新月火ドラマ「被告人」(脚本:チェ・スジン、チェ・チャンファン、演出:チョ・ヨングァン) で巨大な悪と戦う検事パク・ジョンウに扮し、視聴者と会う予定だ。

放送を控えて公開された写真には、パク・ジョンウが実の兄弟のように大切に思う義弟ユン・テス(カン・ソンミン) の新任刑務官任官式の現場が収められている。ジョンウが世界一愛する妻のジス(ソン・ヨウン) と愛娘のハヨン(シン・リンア)、実の母親同然の義母オ・ジョンヒ(ソン・ビョンスク) まで、家族全員が喜びを分かち合いながら記念写真を残している。

ドラマでパク・ジョンウにとって家族とは、人生の原動力で頼れる唯一の安息所のような存在。働くときはカリスマ性あふれるプロの検事だが、家に帰ると甘えることもできる可愛らしい夫で優しい親バカとなる。

このように家族に対する特別な愛情を持っているため、今後娘と妻を殺した殺人犯の濡れ衣は、さらに過酷かつ残忍にパク・ジョンウの胸を踏みにじると見られる。

制作陣は「パク・ジョンウは巨大悪に立ち向かって戦う正義正しい検事だが、これに先立って愛する家族のために、宝のような娘と妻のために、真実を明かしていく1人の男だ。このような姿が大きな共感を引き出すはずだ」とし「演じる役を“チソンそのもの”にし、すべての作品で人生キャラクターを更新しているチソンの大胆な変身に熱い関心と応援をお願いしたい」と伝えた。

「被告人」は、娘と妻を殺した殺人犯の濡れ衣を着せられた検事パク・ジョンウが失った4ヶ月の時間を思い出すために残していく凄絶な闘争の記録で、世の中のすべての人を騙した衝撃的な悪人チャ・ミンホを相手に繰り広げる強烈な復讐の物語を描く。韓国で23日の夜10時から放送スタートする。