元DIA スンヒ、Urban works ENTと専属契約を締結…チョ・スンヒとして本活的に役者の道へ

写真拡大

元DIAのスンヒがUrban works ENTに移籍した。

Urban works ENTは「最近スンヒがUrban works ENTと専属契約を締結し、本名の“チョ・スンヒ”で役者として本格的な活動をスタートする」と伝えた。

チョ・スンヒは2015年ガールズグループDIAとしてデビューし、清純なビジュアルと成熟したイメージで多くの男性ファンの心を鷲づかみにし、売れっ子ガールズグループのリーダーとして名前を知られた。また歌、ダンス、MCなど、多方面での才能を認められ、テレビドラマ、映画をはじめ、バラエティ番組でも活躍してきた。

特に演技への熱い情熱を見せてきたチョ・スンヒは、多忙な歌手活動の中でも地道に演技の活動を続け役者を夢見てきたが、映画「オルレ」、KBSドラマ「愛の香り〜憎しみの果てに〜」「太陽がいっぱい」、MBC「夜警日誌」、ウェブドラマ「甘い誘惑」など、役者として着実にキャリアを積んできた。

Urban works ENTのホ・ゴン代表は「チョ・スンヒは役者としての情熱はもちろん、限りない魅力をもっている。チョ・スンヒの新たなスタートを応援してくれたファンの皆さんに感謝の気持ちを伝え、役者として大衆の前に立つチョ・スンヒに持続的な関心と応援をお願いする」と伝えた。また「Urban works ENTも彼女に積極的なサポートをし、韓国はもちろん、中国、海外活動も積極的にサポートしていく予定だ」と伝えた。

さらに「Urban works ENTもE・STAR ACADEMYと合併して2017年を新しくスタートするだけに、所属アーティストがより体系的なシステムのもとで実力を思いっきり発揮できるように万全を期する」と抱負も伝えた。

チョ・スンヒを迎え入れたUrban works ENTには名優キム・ウンスをはじめ、イ・エル、キム・ミンジュン、ユン・ジミンなどの演技派俳優らが属している。KBS 2TV水木ドラマ「裸の消防士」、SBS「ランニングマン」、OCNドラマ「バッドガイズ-悪い奴ら-」などを制作したUrban works mediaの子会社だ。