がんになる前の細胞は正常な細胞に囲まれると「細胞競合」という現象により排除されてしまう。この仕組みを京都大学のチームがハエの研究で突きとめ、英科学誌「ネイチャー」(電子版)の2017年1月17日号に発表した。

このメカニズムが人間でも働いていると、新たながん治療法の開発につながることが期待できる。

ハエで実験、人間も同じなら画期的治療法に

京都大学の1月17日付発表資料によると、がんは正常細胞の遺伝子が徐々に変異し、がん化することで起こる。がん化の初期の段階で、周囲の正常細胞から攻撃され排除されることはわかっていたが、仕組みが不明だった。

そこで、チームはショウジョウバエを使い、がんの元になる細胞を排除する働きをする正常細胞の遺伝子を探した。すると、正常細胞の表面にあるタンパク質「Sas」が、前がん細胞の表面にあるタンパク質「PTP10d」に結合すると、前がん細胞の増殖が抑えられ、死にやすくなることがわかった。

「PTP10d」に似たタンパク質は人間でも確認されており、同様のがん排除の仕組みが人間に存在する可能性があるという。研究チームは、発表資料の中で「今回発見したメカニズムが人間でも働いているとすれば、周辺の正常細胞ががん細胞を選択的に排除するという、これまでになかったがん治療法を構築できる可能性があります」とコメントしている。