レッドカーペット・レポーターに就任した板谷由夏。斎藤工もスタジオゲストで登場

写真拡大

日本時間2月27日(月)にWOWOWで独占生中継される映画界最大の祭典「第89回アカデミー賞授賞式」。アメリカ・ロサンゼルスから生の声と興奮をお届けするレッドカーペット・レポーターに、WOWOWの人気映画情報番組「映画工房」のMCを務める女優の板谷由夏(画像右)が就任し、相棒である俳優の斎藤工(同左)もスタジオゲストとして参加することが決定。息の合った名コンビが栄えあるアカデミー賞授賞式の中継を盛り上げることになった。

【写真を見る】豪華なゲストが続々登場するレッドカーペットをレポート/第88回アカデミー賞授賞式より/Aaron Poole/ (c)A.M.P.A.S.

レッドカーペット・レポーターを務める板谷はアカデミー賞授賞式を間近で体験できることに「すごいことだと思います」とワクワクした表情を浮かべた。今回のオファーを聞いたとき、「まずは斎藤工のことが頭に浮かびました」。そして、「(2015年にレッド・カーペット・ナビゲーターを務めた)工くんにはいろいろ聞かなきゃと思って。とりあえず2年前の中継の映像を見ようと思っています」とレポーターへの意欲を見せた。一方の斎藤は体験談として「(アカデミー賞授賞式の)レッドカーペットの場はやっぱり生ものですから、状況がどんどん変わっていくんです」と指摘。「スターたちも受賞式前なので並々ならぬ意気込みで来ている。だからこそ板谷さんがそこにいるだけで成立するんだと思います。板谷さんはニュース番組で各地の方々とも接していますが、そういう方たちであっても、来日しているハリウッドスターであっても接し方が変わらないんです。肩書きや職業で分け隔てない心根を持っている人なので、すごくいい空気が生まれる予感がします」とアドバイス。板谷は「楽しかったなと思えるようにしたいし、楽しい事だけを想像して行きます」と決意を語った。

アカデミー賞のノミネート発表は日本時間1月24日(火)だが、今回は新海誠監督の「君の名は。」やマーティン・スコセッシ監督の「沈黙−サイレンス−」など、日本を舞台にした作品が賞レースをにぎわす可能性がある。斉藤が「今はアニメを認めないといけない時代になっている。そんな時代を象徴するのが『君の名は。』だと思うので、ワクワクします」と語れば、板谷も「わたしもワクワクします。『君の名は。』も含めて日本のアニメは世界に自慢できるものだと思うので、世界にどう評価されるのか。楽しみですね」と期待を寄せている。

板谷がレポートするレッドカーペット中継は、当日の朝9:00〜10:00まで無料放送でお届けする。