3月28日(火)に全国で新発売される甲乙混和麦焼酎「こいむぎ」

写真拡大

甲乙混和芋焼酎売上No.1ブランドのこだわりを継承した甲乙混和麦焼酎。

【写真を見る】希少な赤芋「頴娃紫」を使用した「本格芋焼酎 赤からり芋」

サッポロビール株式会社は、「甲乙混和麦焼酎こいむぎ」(1386円)を3月28日(火)から全国で販売する。

同商品は、白麹と黒麹で仕込んだ本格麦焼酎を使用。さらに甕(かめ)貯蔵酒を用いた本格麦焼酎を一部使うことで、甕独特のまろやかな深みを加え、麦のコクと香りを楽しめる味わいに仕上がった。甲乙混和焼酎に甕貯蔵酒を一部使用するという製法は、甲乙混和芋焼酎売上No.1ブランドである「こくいも」で培ったこだわりとなっている。

1800mlの紙パックのパッケージでは、薄金と濃茶のコントラストをきかせた配色と地模様で高級感を醸成。麦焼酎らしさも、背景に「麦の穂」をあしらうことで演出している。

独自価値のある「こいむぎ」で、甲乙混和麦焼酎の味わいを存分に楽しもう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】