<20日の宣誓式を前に、ワシントンではトランプ大統領就任の関連イベントが始まった。80万人以上の観衆のほか抗議デモも予想される現地では、最高レベルの警備態勢が取られる>(写真:19日の式典に家族とともに登場したトランプ)

 ドナルド・トランプが米東部時間20日正午(日本時間で21日午前2時)に新大統領に就任する。ワシントンでは厳戒態勢の警備が続く中、前後3日間に渡る公式行事が19日スタートした。

 就任関連のイベントに80〜90万人の人々が集まると予測され、またトランプの大統領就任に反対するグループのデモ活動なども予定されている。これまでの就任式典の前例なども考慮して、現地では最高レベルの警戒態勢が取られる。

 ワシントンのバウザー市長によると、今回の就任関連イベントの費用は3000万ドルに達する見込みだという。

就任関連イベントのスケジュール

【1月19日】
<昼食会>
場所:トランプ・インターナショナル・ホテル
時間:午前12時30分から
内容:トランプの他、プリーバス首席補佐官、共和党幹部らが出席。会場のトランプ・インターナショナル・ホテルは、就任パレードが実施されるペンシルベニアアベニューに面している


<戦没者慰霊献花>
場所:アーリントン国立墓地
時間:午後3時から
内容:トランプと家族がアーリントン国立墓地で無名兵士の墓を慰霊献花


<「アメリカを再び偉大な国に!」歓迎式典>
場所:リンカーン記念堂
時間:午後4時から
内容:一連の行事の開始を告げる最初のイベントで、ライブコンサートなどが行われた。トランプも家族と共に出席し、「我々がアメリカを融和させる」と短くスピーチした

【参考記事】<写真特集>トランプ以前も歴代大統領の就任式はトラブル続き

就任式当日の会場の地図


【1月20日】
<ホワイトハウスでお茶>

場所:ホワイトハウス
時間:午前9時30分から
内容:トランプの家族がオバマ夫妻とホワイトハウスでお茶を一服。この後、宣誓式の会場に向かう。憲法修正で1月20日の大統領就任が定められ、最初に就任式に臨んだのは、1937年のルーズベルトだった


<宣誓式>
場所:議事堂西正面
時間:新大統領宣誓は正午から
内容:トランプが大統領就任の宣誓を行い、正式に新大統領となる。式典には各国外交団などの招待客が出席。パフォーマンスはオーディション番組出身で16歳の女性歌手ジャッキー・エバンコが引き受けた。歴代大統領の他、ヒラリー・クリントンも夫ビルに同伴して出席予定。この後、トランプが就任スピーチを行う。これまでの大統領で最も長いスピーチは、1841年に就任したウィリアム・ハリソンで1時間45分だった

ミシェル・ゴーマン