1月15日で小林のtwitterの更新が止まっている

写真拡大 (全3枚)

 その風貌やプレースタイル、言動から“本田2世”と呼ばれているサッカー日本代表小林祐希

「Jリーグでは、東京ヴェルディやジュビロ磐田に所属していましたが、尊敬する本田圭佑のように、より高いレベルを求めて、’16年8月からは海を渡り、オランダのSCヘーレンフェーンに移籍し、レギュラーとして活躍しています」(サッカーライター)

 昨年から日本代表にも継続して選出されている小林は、11月に代表初ゴールを決めるなど、今年3月から始まるワールドカップ最終予選での活躍も期待されている逸材だ。

 そんな彼を、意外な場所で発見した――!

「ヨーロッパのサッカークラブは12月中旬からクリスマス休暇に入ります。小林は1度日本に帰国し、地元である東京都東村山市の市役所への表敬訪問や静岡県の小学校などを訪れた後、バカンスのためハワイに旅立ったようです」(前出・サッカーライター)

 小林のインスタグラム(写真共有サイト)には、ハワイのワイキキで過ごす写真がアップされている。ハワイ滞在中の写真は上記以外にもいくつかアップされていたが、いずれの写真も写っているのは彼ひとり。しかし、このバカンスはともに過ごした相手がいた。

「この旅行には東京ガールズコレクションなどのファッションショーやいくつもの雑誌で活躍されているファッションモデルの伊藤ニーナさんと一緒に行っていたんです。

 伊藤さんもインスタグラムに同じくワイキキにいた写真をアップしていますが、小林さんと同じくどれも1人で写っています」(小林のファン)

 同じ場所にいただけで、なぜ一緒に旅行に行ったとわかるのか……。しかし、スマホで簡単にきれいな写真が撮れ、それがSNSですぐ共有されてしまうネット社会の現代。どこで誰が撮ったかわからない写真に写ってしまうリスクもあって……。

「小林さんと伊藤さんがワイキキにいた同じ日、同じ時刻に同じ場所にいた、まったく関係のない外国人が撮った写真にふたりが写り込んでいたんです。その写真に写る伊藤さんの姿は、彼女がアップした写真とポーズ、背景がまったく同じなんです」(前出・小林のファン)

 左は伊藤がインスタグラムにアップした写真。黄色い浮き輪に乗るサングラスをかけた伊藤が写っている。背景にはヤシの木や山、ホテルなどが見られる。そして右はとある外国人がアップした写真である。

 写真中央の奥にいるカップルにご注目。右は黄色い浮き輪に乗るサングラスの女性、そしてその隣にはカメラを構えた男性の姿が見える。上に戻って伊藤の写真、そして小林の写真を見てもらえればわかるが、伊藤のポーズやファッション、隣のサングラス姿の小林、そして背景の山やホテルがまったく同じなのがわかるはず。

「海に入っているように見えますが、どちらもワイキキの高級ホテルのプールですね。ビーチに隣接しており、またプールサイドの手すりなども見えないところに配置されているため、入ると海とプールがつながっているように見えます。こちらはホテルの宿泊客しか利用できません」(旅行雑誌ライター)

 この件について、小林の所属事務所は、

「ハワイには行っていたようです。いい大人ですし、事務所としてはプライベートは本人に任せており、タッチしておりません」

 一方、相手の伊藤の所属事務所は、

「本人に確認したところ、年末にハワイに行っていたことは事実です。プライベートについては本人に任せていますので、こちらでは把握しておりません」

 と、双方ハワイ旅行については認め、関係も否定しなかった。

 小林と伊藤は同い年でともに24歳だ。

「24歳といえば、サッカー選手の結婚適齢期と言っていい。ヨーロッパでプレーしている選手は、このクリスマス前後の時期でなければ、なかなか時間もとれないですし、もしかしたら“婚前旅行”なのかもしれないですね」(前出・サッカーライター)

 ワールドカップ出場より早くゴールインがあるかも!?