ライダーの皆さん、「通勤最速」というワードを一度は耳にしたことがあるでしょうか。文字通り速く勤務先に着くことができ、誰よりも家に速く帰られるというマシンのことですね。

1

今まで通勤最速マシンに対しては様々な意見がありましたが、ヤマハから出たこのGDR155によって歴史が塗り替えられるでしょう!

ものすごく速く走れそうなフォルム、ヤマハの鮮やかな青色、YZF-R25を彷彿とさせる攻撃的なヘッドライト形状、これは速いに違いない…

サイドに書いてある排気量を表す数字も155ではなく1155にも見え(?)、もしかしてモンスターバイクなのかな?とも思えるのです。

リアサスペンションもサブタンク付きのもので、フロントディスクにはウェーブ形状のものを採用しています。外見も機能面も相当力の入れているマシンであることが分かりますね!

ヤマハ GDR155のエンジンには、キレのある加速と低燃費を両立するシステムが導入されており、スピードへの不満はおそらくないことでしょう!

また、静かな始動性を実現し、ご近所さんに迷惑をかける心配も少なく、朝から”デキる社会人”と言わんばかりの演出ができます!

そして驚くべきは、116kgという軽量なボディ。150ccクラスの通勤最速の座を争うスクーターの対抗馬であるホンダ PCX150は131kg、対抗馬ではなくむしろ仲間であるヤマハ MAJESTY Sは145kgということを考えると、大幅なアドバンテージと考えられますね。

東南アジアではスクータータイプでのレースがとても盛んで、このようなレース出身のマレーシア人ライダーが現在世界選手権で戦っています。今回発表されたヤマハ GDR155は、彼らからすればレーサーレプリカに近いような存在といえるのではないでしょうか。

通勤通学に飽きてしまったライダーの皆さん、快適で速いスクーターで朝も夕方も少しだけ楽しくしてみるのってどうですか!?

ヤマハ GDR155は標準モデルのほかに、サブタンク付きリアサスペンション・ウエーブ形状フロントディスクを採用した「Rバージョン」、ストップ&スタートシステム・スマートキー・ABSを採用した「Aバージョン」が設定されています。

発売はベトナムとタイで2016年12月、インドネシアで2017年3月となっています。

(ライター:駒月麻顕/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

通勤最速マシンの歴史が塗り替えられる!? めちゃ速そうなスクーター「YAMAHA GDR155」発売!(http://clicccar.com/2017/01/20/437261/)