抗議集会に出席したロバーロ・デ・ニーロとマイケル・ムーア監督 twitterより

写真拡大

俳優のロバート・デ・ニーロら多くのセレブが現地時間19日、ニューヨークでドナルド・トランプ次期大統領に対する抗議集会を行った。

トランプ氏は現地時間20日に大統領就任式をワシントンD.C.で行うことになっているが、就任式前日の夜に「We Stand United(私たちは団結している)」という抗議集会が行われた。ロバートやマイケル・ムーア監督をはじめ、俳優のアレック・ボールドウィン、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、シェイリーン・ウッドリー、歌手のシェール、さらにニューヨーク市長のビル・デブラシオ氏が参加したとゴシップサイト「ジャスト・ジャレッド」は伝えている。

ロバートはステージで、新政権に人種差別や女性嫌悪がないことを望んでいると話すが、「何があっても、我々アメリカ人、ニューヨーカー、愛国者は、我々の権利と市民の権利のために団結する」と話した。

また、テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」で大統領が決まる前からトランプ氏のモノマネをしてきたアレックはこの集会でもモノマネを披露していた。