ケーブルなしで充電可能なシステムを積んだBMW i8が登場!

写真拡大 (全5枚)

フォーミュラEのセーフティカーに採用している技術

ワイヤレス給電システム「(クアルコム・ヘイロ)」を搭載したBMW i8が、第9回[国際] カーエレクトロニクス技術展(東京ビックサイト/2017年1月18日〜20日)に登場した。

出展ブースはクアルコムジャパンである。この車両は、FIAフォーミュラE選手権でセーフティカーとして導入されているBMW i8「Qualcomm Safety Car」と同じ7.4kWのワイヤレス給電システムを搭載している。

ワイヤレス給電システムは、充電のためにケーブルの接続を必要としない充電システム。最近では携帯電話などにも採用され認知が高まっているが、電気自動車やプラグインハイブリッド車にもいずれ展開されるだろうといわれている。現在その給電技術に関する規格の策定が進行している状況である。

ブースではクアルコム・ヘイロのDD(DoubleD)型と呼ぶ、8の字を描くような磁気回路のメリットが紹介されている。正円を描く丸形のサーキュラー型磁気回路に比べ、最大45%もの小型化が可能。さらに磁束を360度に振ることがないので位置ずれ等からのロバスト性(外的要因の乱れによる変化)を高めることができる上に、フェライトの使用量を減らせ、重量削減にも貢献するとしている。

クアルコムジャパンでは、現在3.7kW、7.4kW、11kWの3タイプの搭載回路をラインアップしている。

また、デモ展示だけでなく、セーフティシステムも紹介されている。生体物検知、そして金属検知という2つのシステムからなり、それら「検知するべきもの」に対してのセンシングの様子などを見ることができる。

非接触での電動車両への充電は、携帯電話での普及もまだ実現していないことを考えれば、まだ長い道のりであると思われるが、実用化が待たれる技術であることは確かだ。