写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』(毎週金曜24:12〜)第2話が20日深夜、放送される。

同作は、日本映画界を支える名バイプレイヤー6人(遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研)が、本人役としてシェアハウスで共同生活を送るという設定のドラマ。中国のネット配信動画チャンネルの開局記念番組となる『七人の侍』リメイク版オファーを受けた6人は、絆を深めるため共同生活を始める。

第2話では、遠藤憲一と松重豊に関する噂が騒動のもととなる。寺島進がスマホで見つけた「芸能界、共演NGの噂のひと」というネット記事に、2人が「キャラが被っているため共演NG」と書かれていたという。噂を否定し、刑事モノのドラマ『相方』でW主演を務めると発表する2人。

しかし、ネット記事を真に受けた撮影現場はピリピリソタムードになっていた。遠藤と松重の前では「カブる」という言葉が徹底的に禁止され、共演の荒川良々も緊張した様子になる。

また、『相方』では遠藤はフライトジャケット着用、松重はスーツ姿で紅茶を飲んでいるという設定に。プロデューサーからは「フライトジャケットを着ているほうが紅茶を飲んでるほうより下ということはありません」「ドラマがレギュラー化しても紅茶を飲んでるほうだけが残り続けることもありません」と説明を受けながら、撮影にむかうこととなる。

(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会