「ダブルチーズバーガー」と「ビッグマック」がデッドヒート

日本マクドナルド株式会社が開催している「第1回マクドナルド総選挙」で、Aブロックのトップ争いが熾烈なものとなっている。

 

2017年1月6日からスタートした本企画。A・Bブロックに各6バーガーずつが分かれて投票を行い、各ブロックのトップが決勝戦を行うというもの。予選は1月25日4:59までとなっていて、Bブロックは「てりやきマックバーガー」が「フィレオフィッシュ」に約2倍の得票差をつけて独走している。

A・Bブロックの1月19日16時時点の得票状態

しかし、Aブロックは大激戦。1月6日のスタート直後の16時時点では、わずかに「ビッグマック」が優勢な状態だったが、その後、「ダブルチーズバーガー」とトップが入れ替わり立ち替わりの接戦となっている。

1月6日16時時点

1月19日16時時点では、「ダブルチーズバーガー」1982万1486ポイント、「ビッグマック」1902万6354ポイントとなっていて、両者の差はわずか約80万ポイント。予選終了まで最期の土日を控え、どちらが勝つかは全く予想のつかない状態となっている。

 

なお、今回の選挙に勝ったバーガーは、“公約”を果たすこととなっている。「ダブルチーズバーガー」は価格そのままで肉とチーズがトリプルに、「ビッグマック」も値段そのままにメガマックになるとしている。お気に入りのバーガーがかなりお得に進化するので、その点を踏まえて投票に参加するのも面白いかもしれない。

「第1回マクドナルド総選挙」

URL:http://mcdonalds-sosenkyo.jp/

2017/01/20