写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アドバンスト・メディアとキャリアリンクは1月20日、建設分野向けに音声認識技術を活用した新たなBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)事業の創出において戦略的協業契約を締結したと発表した。

アドバンスト・メディアでは音声認識技術を活用したITソリューション開発および提供、キャリアリンクではBPO関連事業の各種ノウハウとネットワークをそれぞれ提供し協業することで、両社の強みを活かした建設分野向けの新サービスを協同で創出・展開する。

第1弾として、音声認識を活用したボイス検査ソリューション「AmiVoice スーパーインスペクター(建築仕上げ検査用)」を用い、マンションや戸建て住宅の内装検査を行う建築検査業務を受託するサービスを開始する。

AmiVoice スーパーインスペクターは、点検・検査業務を音声入力するスマートフォン・タブレット向けのクラウドサービス。これまでの手書きによる点検・検査で発生していた記入漏れや、作業後のデータ入力の手間を削減し、業務効率化と高い正確性、品質向上を実現する。

Excelの帳票など既存の検査表をそのまま利用できるため、システム化への移行もスムーズなほか、建物付属検査、土木系検査、住宅検査、工場機械設備検査、巡視・保守点検など、多様な点検・検査業務で使用を可能としている。

また、あらかじめ設定したキーワードや数値以外の入力に対してはアラート設定できるため、検査ミスや異常値を発見できるほか、検査結果のデータはCSV形式で出力可能なため、自由なデータの加工もできる。データはクラウド上のサーバで管理するので、検査結果の集計作業の効率化を図ることができ、会社全体で情報管理・共有・作業が可能になる。

今回の協業により両社は、お互いの強みを活かした建設分野向け新サービスを創出し、逼迫する各建設業者の経営課題解決の一助をなし、業界全体に貢献できるよう展開していくとしている。

(山本明日美)