写真提供:マイナビニュース

写真拡大

WILLER EXPRESS JAPANは1月19日、"眠り"のための最適な環境が備わったシェル型新シート「ReBorn」を導入することを発表。関東関西路線は2月17日より、関東愛知路線は3月17日より、それぞれ運行を開始する。

同社は「高速バスは疲れる・移動は疲れるという」イメージを覆し、移動しながらでも上質な睡眠を取れるよう、シートの設計やサービスの開発に着手した。プライベート空間を生み出す大型のシェル型パーテーションにより、後ろを気にしたり、前からシートが倒れてきて邪魔されたりすることなく、安心して眠れる環境を確保。シェル型パーテーションの背面に設置された足が入るフットレストにより、フルリクライニング時の全長は187cmとなり、長身の男性でもゆっくりとくつろげるという。

シートはクッション最大幅が590mm、シェル内寸が606mm。リクライニングの最大傾斜度は156度であり、シート間隔は1,580mmとなる。それぞれのシートには、レッグレストやフットレスト、アームレスト、テーブル、読書灯、ドリンクホルダー、コンセントを供えている。ReBornを搭載するバスは、車高が高いスーパーハイデッカー車輌のため騒音が軽減される。さらに、車内の明るさを就寝から起床まで適切なタイミングで調光する。

同社は、「ReBornの導入によって移動に対する思いを覆し、高速バスと人の関係に変化を与えます。これによって、人々が高速バスに"最高の休息"を求める時代を生み出し、"移動は最高の休息"という価値観を世の中に与え、移動にバリューイノベーションを起こします」とコメントしている。

ReBorn導入路線の予約は、1月19日より開始。関東/関西路線の料金は税込1万800円〜で、2月17日より運行を開始。関東/愛知路線の料金は税込8,800円〜で、3月17日より運行を開始する。