ミルク本来の甘さと香りが特長の「ホットカフェラテ」「アイスカフェラテ」が発売される

写真拡大

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは、2017年2月より、新しいコーヒーマシンを全国のセブン‐イレブン店舗に順次導入し、「SEVEN CAFÉ(セブンカフェ)」の新商品である「ホットカフェラテ」(レギュラー150円、ラージ200円)、「アイスカフェラテ」(レギュラー180円、ラージ250円)を発売する。

【写真を見る】「カフェラテ専用ミルク」を加温・スチームし、コク深く香り高いコーヒーと合わせた本格的なカフェラテに

新型のコーヒーマシンでは、BIB(バッグインボックス)ミルクの採用による”乳”を供給する機能と、”乳”に加温、スチームを加える機能を装備。2つの機能によってホット用、アイス用の”カフェラテ専用ミルク”の抽出ができ、ミルク本来の甘さと香りが特長のカフェラテを提供することが可能となった。BIBを使い切り、交換することで、フレッシュなミルクを提供できる。

またカフェラテに使用するコーヒーについては、既存のセブンカフェ用の豆を使用し、カフェラテ用に豆の使用量などを変更することで、コク深い味わいが楽しめる仕立てに。2013年の発売以来、約24億杯を販売しているセブンカフェの新たな商品”カフェラテ”、寒い時期に身体を温めるのに最高の商品だ。【ウォーカープラス編集部/米木】