ニューヨーク・ブルックリンのオールデイブレックファースト業態「egg(エッグ)」が、池袋に日本1号店をオープン

写真拡大

Pasture Management Inc.は、ニューヨーク・ブルックリンのオールデイブレックファースト業態「egg(エッグ)」の海外初進出となる日本1号店を、4月から豊島区池袋にオープンする。

【写真を見る】半熟のとろっとした卵をデニッシュパンで包み、チェダーチーズをかけて焼き上げた看板料理の「エッグロスコ」

「egg(エッグ)」本店は、ニューヨーク州ブルックリンでアメリカ南部スタイルの伝統的なブレックファーストメニューとブランチメニューを提供しているレストラン。地元農園でとれたフレッシュな卵を使用した卵料理を中心に、フレンチトーストやカントリービスケット、半熟のとろっとした卵をデニッシュパンで包み、チェダーチーズをかけて焼き上げた看板料理の「エッグロスコ」などが人気を得ている。

池袋店では、「エッグロスコ」など本店と同じメニューや、ディナー使いもできるお店として卵料理に合うワインなどのアルコールも提供。

また、近所の子供たちを招き、朝食を食べて“朝食の大切さ” を教えるイベントや定期的なチャリティーイベントを開催するなど、“地域密着型”として地元に根付いた店作りを行うという「egg(エッグ)」。この機会にぜひ一度足を運んでみてはいかが。【東京ウォーカー】