デル、世界最小13インチ2in1ノート XPS 13 2-in-1国内発表。15万9980円から

写真拡大

デルは、世界最小の13インチ2in1ノートPC「New XPS 13 2-in-1」の国内販売を開始しました。価格は税別15万9980円から。

ベゼル幅がわずか5.2mmの狭額縁ディスプレイを搭載。13.3インチノートながら、11インチクラスの本体サイズを実現したとしています。液晶部にはヒンジが360°稼働するコンバーチブルPCとして、ノートPCとしてだけではなくタブレットPCとして使用可能。キーボード部をスタンドとして使い、PCを立てかけることもできるため、動画鑑賞にも向くとしています。

ナローベゼル(狭額縁)タイプの13.3インチ液晶を搭載したクラムシェル型ノートPC『XPS 13』と比べると、ヒンジを360度回転タイプ(いわゆるYogaタイプ)とし、タブレット兼用にもなるという位置づけのモデルです。ただしCPUはTDP 4.5Wタイプの第七世代Coreプロセッサ。前世代まではCore mブランドだったモデルです。

消費電力や発熱は少ないために、冷却はファンレス構成となっていますが、その分処理速度などはXPS 13(TDP 15Wタイプを採用)に譲ることになります。

【ギャラリー】デル New XPS 13 2-in-1 (31枚)



主な仕様は次の通り13インチ 1920 x 1080 / 3200 x 1800ディスプレイ

RAMは最小8GB、最大16GB

最小256GB、最大512GBの大容量SSD (PCI Express接続)

USB Type-C/Thunderbolt 3のマルチユースポート搭載

Windows Hello対応の指紋認証リーダーおよびカメラ搭載

第7世代 Intel Core i5 / i7搭載 (TDP 4.5W)

最長15時間のバッテリー寿命

静音性の高いファンレス設計

本体サイズは304 x 199 x 8〜13.7mm、本体重量は1.24kg。

※掲出時、発売日および価格、および仕様に誤りがありました。訂正しお詫び申し上げます。