東京オートサロン2017で1月15日に発表された東京国際カスタムカーコンテストの各部門賞。その受賞車両を実際に見てきました。今回はインポートカー部門。

1

最優秀賞はStudio ALLICAのポルシェ911カレラ。

一見して凄みのあるボディーワークなのは充分伝わりますが、どこか違和感を感じます。

その秘密はボディーのフルカーボン化。外装パネルを全てカーボンで作り直しているのです。

そのため、本来あるはずのボンネットが無く、ライト周りと一体化してフロントカウルとなっているのです。

優秀賞はNEWINGのAlpil Audi R8 RSR。

こちらはR8の広大なボンネットをフルカーボン化。そこにビス止めオーバーフェンダーというコントラストがたまらなくカッコいい。

Cピラーからリアエンドへ流れるパネルもカーボンとしており、白のボディとのコントラストがど迫力。

内装はシート表皮やトリムをオリジナルとして、独自のステッチで飾っているというラグジュアリー感満載の一台に仕上がっています。

こちらも優秀賞のLUXZのエッジカスタムズ フォード・マスタングR。

エッジカスタムズと言うだけあって、かなりエッジが効いています。特にウィングレット形状のカナードはかなりのアクセント。

スタッフの方にうかがった見所はリアエンドとのことですが、何層にも重なったディフューザーと大振りのリアスポイラーが迫力!

個人的にはオーバーフェンダーからリアスポイラーへ繋がるラインに給油口があるというのが、メカニカルな香りがプンプン匂ってきてたまりません。

ここに紹介したインポートカー部門受賞車を含め、東京国際カスタムカーコンテスト受賞車両から投票で選ばれるカスタムカーグランプリ。東京オートサロン2017の公式サイトから1月22日23時59分まで投票できます。

(写真・文:松永和浩)

【関連リンク】

東京国際カスタムカーコンテスト受賞車両発表
http://www.tokyoautosalon.jp/2017/contest/

【関連記事】

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、コンセプトカー部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/18/437684/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、チューニングカー部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/18/437697/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、セダン部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/18/437758/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、ミニバン・ワゴン部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/17/437775/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、SUV部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/19/437787/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、Kカー・コンパクト部門受賞車を見てきた
http://clicccar.com/2017/01/19/437805/

【東京オートサロン2017】東京国際カスタムカーコンテスト、インポートカー部門受賞車を見てきた(http://clicccar.com/2017/01/20/437819/)