ロジャー・クレメンス氏とのラウンドを終えて握手をかわす石川遼(撮影:村上航)

写真拡大

<キャリアビルダー・チャレンジ 初日◇19日◇PGAウエスト他>
PGAウエストなど3コースを使用して開催される「キャリアビルダー・チャレンジ」は、プロとアマチュア2人ずつが1組となり予選ラウンド3日間をラウンドするプロアマ形式の大会として知られている。
【特別動画】PGAツアー5年目の石川遼が語る意識の変化
かつては「パームスプリングス・ゴルフクラシック」として開催され、1960年の第1回大会は昨年亡くなったアーノルド・パーマー(米国)が制覇。その後「ボブホープ・クラシック」、「ヒューマナ・チャレンジ」と名前を変えて、昨年大会から「キャリアビルダー・チャレンジ」となった。
出場するアマチュアには各界セレブの顔もある。今大会4度目の出場となる石川遼は初日を3アンダーの34位タイでスタートしたが、同伴競技者となったのがMLBヤンキースなどで活躍したロジャー・クレメンス氏。ビッグネームとのラウンドに、石川も自身のプレーに集中しながら、和やかな様子で18ホールを回った。
ちなみにクレメンス氏のゴルフはというと、野球選手らしい右への豪快なミスも見られたが、300ヤードをゆうに超える飛距離を叩きだすこともしばしば。“ロケット”の異名にふさわしいゴルフだった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ヨシくんMEMO #7】
新1W投入の石川遼 「米ツアー優勝」を目標に掲げた1年が始まる
恋人にするなら日本人?韓国人?【キム・ハヌルコラム第45回】
石川遼も上田桃子も驚いた、キャロウェイの常識外のクラブ