「Octopus」

株式会社スリーイーホールディングスは、xoopar社の充電ケーブル「Octopus」を発売した。その製品名の通りに、タコのような愛らしいデザインが特徴的なアイテム。スマートフォンや各種デジタル機器に対応するmicroUSBコネクタのほか、iPhoneなどで利用できるLightningコネクタ、新規格として注目を集めているUSB Type-Cと、主要な3端子を備えたマルチケーブルとなっている。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色で、希望小売価格は各1980円(税抜)xoopar社は、フランスを中心としたヨーロッパで人気を博しているブランドだ。今回、日本でも発売されることとなった「OCTOPUS」は、複数の充電ケーブルを1つのまとめたキーリングデザインの3 in 1ケーブル。これ1本のみを持ち運べば、他のケーブルを携帯することなく、さまざまな機器の充電を実現できる。出力電圧は最大2.4Aで、データ通信や複数機器への同時充電には非対応。なお、Lightning接続にも対応している本製品には、Apple社のMFi(Made For iPod/iPhone/iPad)認証済みのケーブルが付属する。本体サイズは35(幅)×114(高さ)×12(奥行)mmで、重量は19g。

使用イメージ

株式会社スリーイーホールディングス
希望小売価格:各1980円(税抜)
URL:http://www.3ec.jp/
2017/01/20
▷こちらもおすすめ
上海問屋、iPhoneなどで使えるUSBメモリが一体化されたLightning充電ケーブルを発売