EXO「ソウル歌謡大賞」4連覇達成…防弾少年団は4冠王&TWICEは3冠王!(総合)

写真拡大 (全2枚)

“韓国訪問の年”を記念し、世界各地から集まったファンの前で開催された「第26回ソウル歌謡大賞」は、EXOの大賞受賞を最後に幕を下ろした。

19日午後、ソウル蚕室(チャムシル) 室内体育館で韓国および海外ファン6000人が集まった中、「第26回ソウル歌謡大賞」授賞式が開かれた。

この日EXOは本賞、Fandom School賞(ファンの投票で決まる2017年度の新設賞) に続き、大賞まで獲得し、3冠王の栄光を手に入れた。

第22回の新人賞に続き、第23〜26回まで「ソウル歌謡大賞」で4年連続大賞を受賞したEXOは、「ソウル歌謡大賞」の25年の歴史で初めて“大賞4連覇”に成功したグループとなった。また、EXOは4年連続“3冠王”の偉業も達成し、実力と人気を見せ付けた。

最高アルバム賞は、昨年2ndアルバム「WINGS」を通して韓国を代表するアイドルに成長した防弾少年団が受賞した。最高アルバム賞だけでなく本賞、ミュージックビデオ賞、ダンスパフォーマンス賞まで受賞した防弾少年団は、今回の授賞式でもっとも多い4冠王となった。

他に昨年最もホットだったガールズグループTWICEは、最高音源賞の栄誉を手に入れた。GAONチャート集計によると「CHEER UP」はデジタル総合チャートで昨年1位を記録し、3rdミニアルバムの売り上げが35万枚を超え、人々を魅了した。TWICEも本賞、ダンスパフォーマンス賞まで手に入れ、3冠王となった。

特に16年ぶりに再結成したSechs Kiesは、1999年の「第9回ソウル歌謡大賞」の大賞に続き、17年ぶりに本賞に名前を上げ、格別な縁を見せ付けたりもした。

人生でたった1回の新人賞はI.O.I、NCT 127、BLACK PINKが受賞した。

以下は「第26回ソウル歌謡大賞」の受賞者リスト

◆大賞:EXO

◆最高アルバム賞:防弾少年団「WINGS」

◆最高音源賞:TWICE「CHEER UP」

◆本賞(12グループ):Red Velvet、防弾少年団、VIXX、EXO、少女時代 テヨン、Block B ジコ、GOT7、SEVENTEEN、TWICE、GFRIEND、MAMAMOO、Sech Kies

◆新人賞(3グループ):I.O.I、NCT 127、BLACK PINK

◆ヒップホップ賞:MOBB(WINNER ソン・ミンホ&iKONのBOBBY)

◆バラード賞:ペク・アヨン

◆OST賞:GUMMY

◆ダンスパフォーマンス賞:防弾少年団、TWICE

◆トロット(演歌) 賞:テ・ジナ

◆バンド賞:チャン・ギハと顔たち

◆ミュージックビデオ賞:防弾少年団

◆韓流特別賞:ASTRO

◆人気賞:SHINee

◆Fandom School賞:EXO

◆EPK 今年の発見:宇宙少女、ハン・ドングン

◆ワールドコラボレーション賞:Silentó×Punch