元Secret ソナ、新ドラマ「自己発光オフィス」の出演オファーを受け“前向きに検討中”

写真拡大

元SecretのソナがMBC水木ドラマ「自己発光オフィス」への出演のオファーを受け、前向きに検討している。

20日午前、ソナの所属事務所ファイブラザーズc&mの関係者はOSENとの取材で「ソナが『自己発光オフィス』の出演のオファーを受け、前向きに検討している」と明らかにした。

ソナは劇中でハ・ジナ役のオファーを受けた。出演が叶う場合、MBC「バラ色の恋人たち」以来、2年ぶりのドラマ復帰となる。また、9月にSecretと脱退し、女優として務める最初の作品となる。

「自己発光オフィス」は、漢江(ハンガン) で飛び降り自殺をしようとした就活生がかろうじて救助され、運ばれてきた緊急治療室で自分の寿命が期限付きかもしれないという事実を知ってから繰り広げられるストーリーを描いた作品だ。2016年上半期MBCドラマ脚本公募授賞式ミニシリーズ部門優秀賞を受賞した作品だ。

これに先駆けてハ・ソクジン、コ・アソンが出演のオファーを受けており、現在キャスティング作業が行われており、来年3月放送を目標に制作している。