イ・テゴン、暴行事件は「正当防衛」と認められる…事務所がコメント

写真拡大

俳優イ・テゴン側が、暴行事件が正当防衛になったことに対する公式の立場を伝えた。

イ・テゴン側の関係者は19日午後、マイデイリーとの電話インタビューで「イ・テゴンが正当防衛処分を受けた」として、「現在法的対応をする予定で準備中だ」と明らかにした。

先立って龍仁(ヨンイン) 西部警察署は、暴行事件に巻き込まれたイ・テゴンを正当防衛とし、相手方を起訴意見で送検する予定だと伝えた。

イ・テゴンは1月7日午前1時頃、京畿道(キョンギド) 龍仁(ヨンイン) のあるチキン店の前で男性2人との暴行事件に関与したと知られた。この日の事件により、イ・テゴンは鼻の骨にヒビが入る怪我を負った。しかし相手側が双方暴行を主張して警察調査が進められた。